北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pioneerペダリングモニター

先週ひっそりとオーダーしていた物が届いた。
オーダーしてから1週間と素早い対応。
まずは家に持ち帰り、組み付けるタイミングを見計らう。


夜に子どもが寝た後に作業開始。
RXRSはBBのベアリングを叩き出さないといけないので後回し。
先にMadoneから手を付ける。
箱からゴソゴソっと説明書を出してみるも、組み付けの方法が書いていない。
少し考えてメーカーのサイトからファイルを引っ張り出してくる。


説明書を見ながらマグネットやらサイコンの設定。
もしかしたら付かないのでは??と思っていたMadoneだがギリギリ取り付け可能。
仮止めしてマグネット貼る位置を調節しながら、センサーが反応しているかをチェック。
どうにか反応したところでマグネットをしっかり貼り付ける。
その後ローラー台にて動作確認。
無事サイコンも動いているのでMadone完成。


次に問題のRXRSに移る。
第1の難関・・・クランク外せねぇ・・・
チェーンリング側のネジがガッチガチで回らない。
汗をかきながら、あの手この手でようやく回った。
すると現れる2つ目のネジ。
シマノのスプロケットを外す工具を使用するのだが、すぐ外れるし固いし・・・
これもホントやっとこさ外した。
ここまで外せば後は簡単に外せるのだが、ここまでの作業は辛すぎる。


そして第2の難関、BBの叩き出し。
専用工具と金槌を使っての作業。

20150829233840e39.jpg

この棒状の工具を突っ込んで後は叩くのみ。
この作業が精神衛生上よろしくない。
緊張しながら叩く叩く叩く。
この作業は翌朝家族からうるさいとクレームが・・・

201508292338391aa.jpg

叩きに叩いて外れたBB。


次は新しいBBを圧入する作業。
新しいBBはシマノのやつにしておいた。

20150829233837b33.jpg

これをこうして・・・

2015082923383634d.jpg

工具でネジネジ。

201508292338353a3.jpg

そして圧入完了。

20150829233901ce0.jpg

ここまで来ると、後はMadoneと同様、マグネットの調整と固定。

20150829233900255.jpg

無事作業が完了した深夜2時半。
※翌朝の朝練は無事寝坊しました・・・


しかしシマノのBBは動きが・・・
MadoneのBBが良く回る分、余計にひどく感じるな。


ちょっとまだ使い方がよく分からないが、暫く使って様子を見よう。
そしてROTORは売りに出そう。







スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 23:37:43|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAVICのメンテ

今日はずっと先送りになっていたMAVICのホイールのメンテを実行。
それに先立って、MAVICのフリーボディ専用とかいうオイルを購入しておいた。


まずはスプロケを外し、5mmの六角レンチとモンキーでフリーボディを外す。

s-DSC01009.jpg

外したモノたち。
フリーボディ内の爪やらバネを無くさないように・・・

s-DSC01014.jpg

フリーボディ側のベアリングや、

s-DSC01012.jpg

反フリー側、

s-DSC01016.jpg

おっと、ここもか・・・
それぞれベアリングもチェックして、汚れを拭きあげる。
綺麗になったら、買ったオイルをつけながら組み上げて完成。
割とあっさりしたものだ。
ついでなので、キシリウムの方もメンテ。
キシリウムは年式が違うので若干構造が異なる。本当に若干。
以上、リアのみ2セット完了。


最後にスプロケを取り付ける時に、ロックリングのネジ山が削れてしまった。
今までにも何個か潰してるんだけど強く締めすぎか??
他の人はどうなんだろ?
こんなことになるのは私だけなのだろうか??


それにしてもよく言われているが、MAVICは回転が渋い。
明日少し様子を見てみよう。


メンテ後にローラー台。
今日はL3くらいで20分走を2本・・・の予定が、調子悪く、心が折れたので1本のみ。


__________

209W、159bpm、93rpm


今日は内容以上にしんどく感じる日だった。
1本目は普通に終えたんだが、2本目は開始早々に心が折れた。
その後も何度か再開を試みたが尽くダメ。
こういう時は、1度ダメになるともう無理だな。
まぁこんな日もある。


明日はリカバリーの日だが、どうしようか?






  1. 2015/01/27(火) 22:59:02|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

REC-MOUNT

自転車のハンドル周りがゴチャゴチャしていた。
いろいろと取り付ける物が増えた。
Di2のサテライトスイッチ、Garminのサイコン用のマウント、アクションカメラ用のマウント、ライト用のマウント
少しスッキリさせたいと思っていた。

s-IMG_3929.jpg

そこでこれを買ってみた。
REC-MOUNTのTYPE9ってやつ。

s-IMG_6437.jpg

いろいろとスモールパーツが出ている。
手前がSONYのAS100V用、奥がLEZYNEのライト用。
サイコンの台座の下にこれらを付けることで取り付け可能になる。

s-IMG_0091.jpg

アクションカメラモード

s-IMG_4644.jpg

ライトモード


これで多少スッキリするというもの。
ただクランプ部の金具が細すぎて固定力大丈夫か少し不安。
少し強めに押すと動く。
薄いゴムでも挟んでおくか・・・


取り付け後は神社まで軽く走る。
帰ってきてからはコアトレを30分ほど。
走っていて気になるところを重点的に。




実走のデータ



Time・・・・・01:03
Distance・・・25.82km
TSS ・・・・・54.9
Kilojoule ・・421kj
IF・・・・・・0.73

AvePw:134W NormPw:168W MaxPw:1047W
AveHR:127bpm
AveSpd:24.9kph
AveCad:70
Elevation:218m






  1. 2014/09/02(火) 22:39:30|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あちらが変わればこちらも変わり・・・

今日は会議にて平泉まで。
意外とサクサク進んで早めに帰って来れた。
日中の日差しは暑かった。


家に帰ると英国より物資が届いていた。

s-IMG_4862.jpg

ゲルマン熟女がどや顔で拵えているタイヤGP4000SⅡの23C×2本。

s-IMG_9598.jpg

3TのARX-TEAM、6°、130mmステム×1本。


わざわざ英国から調達しなくても良かったのだが、
「今月中に○○円以上買わんとプラチナから降格させるぞ!」という脅しメールを受け取っていたので一応。


タイヤは25Cを最近使っていたのだが、
マドンでは使用不能なのと、ウェットな路面で小石がフレームにズリズリ言うので23Cに戻してみた。
25Cの悪路に突っ込んでもパンクしなそうな安定感は気に入っていたのだが。


ステムは先日ブラケット位置を少ししゃくったことで必要になった。
あちらが変わればこちらも変わる。
ほんの少し窮屈になったので伸ばしておいた。
2年前くらいは90mmとかだったのに・・・
今思えば背中をガッツリ丸めて、自らハンドルから遠ざかっていたのでそうせざるを得なかったのか。


最近のハンドル周り。

s-IMG_8787.jpg

Di2のサテライトスイッチ、アクションカメラのマウント、ガーミンのマウント、ライトのマウント・・・ゴチャゴチャ。
カメラとかガーミンをスッキリ付けられる良いマウントは無いものかね??






  1. 2014/08/25(月) 21:56:57|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SONY HDR-AS100V

今日はクリートとチェーンを交換。
クリートはボロボロなのが分かっていたが放置していた。

s-IMG_2107.jpg

もう替えても良い頃だろう。

s-IMG_2108.jpg

ほら、気分もスッキリ。


チェーンも久しぶりにチェッカーで計ってみたら見事に交換しとけなレベル。
昨日買ったチェーンが早速役に立つというわけだ。


クリートもチェーンも交換したところで練習へGO!
クリートもバチッとはまってがたつかないし、駆動系もスムースだ。
何かちょっと早く走れる気がする。


時間がないので宮地1本。
しかし向こう側は・・・

s-IMG_2109.jpg

む、怪しい・・・
2日連続は降られたくない。
でもまぁ行ってみる。


宮地まではゆったりと。
駐車帯から計測開始。


____________

6'18、2.47km、312W、181bpm、86rpm、23.4kph


最近のタイムを更新する予感がしていたが、上りだすと向かい風。
凄く辛い。
出力的にはまずまず。最近では大分良い方。
結果、この前の1秒遅れだけど、風向きを考慮すれば記録更新といったところだろう。


そのまま下って神社まで。
神社で暫しドリンク休憩して帰る。


帰ってからは電気屋へ向かう。
朝、先日朝練をご一緒したIさんから、その時カメラで撮った動画をいただいたのだが、その動画を観てアクションカメラが強烈に欲しくなった。
以前から考えてはいたものの躊躇していたのだが、これを機に思い切って買うことに・・・
かくして私もアクションカメラ道楽に参入する運びとなったのだ。


となると次に悩むのは何にするかだ。
GoPROが良いのか、他のが良いのか・・・
ヤマダに行って物色していると店員に話しかけられたので値段のことなどいろいろ聞いてみる。
ところが回答が曖昧で要領を得ない感じなので購買意欲が失せて撤退。


ならばケーズだ!!
こちらのスタッフはいろいろと答えてくれる。
最終的に悩んだのはGoPROかSONYか・・・


GoPROのブラックエディションなるもののスペックは4Kの動画が撮れるとか・・・
そこまでのスペックは要らない気がする。
その下のモデルのスペックはSONYのHDR-AS100Vと似たような感じ。
ただ説明書きにあるバッテリーの持ち時間がずいぶん違う。
GoPROが2時間半に対し、SONYは1時間と書いてある。
本当にそんな短い時間しかとれないのだろうか??


ならば予備バッテリーを持ち歩くのか?いや、めんどくさい・・・
そもそもそんなに長時間撮影するのか??
1時間程度あればほとんどのレースとか朝練はカバー出来る。
ってホントに1時間しか撮れないの??
少ない脳みそをフル回転させていろいろ考える。
結果、国内メーカーSONYさんでいくことにした。


ついでに必要そうな物もいくつか購入。
予備バッテリーは見送った。

s-IMG_4628.jpg

ついにアクションカメラが我が家にやって来た。


いろいろ弄ってみるも使い方がわからんので大人しく説明書を読む。
Wi-Fiが内蔵されているので、アプリを入れればiPhoneやiPadをリモコンとして使えるらしい。
というのが分かっていたので、ライブビューリモコンなる付属品がつく高い方を選ばなかった。
電源を入れていろいろ設定していく。
カメラの液晶には2時間数分と表示されている。
何だ結構撮れるじゃないの・・・
だが、温度やその他諸々で変わる可能性があるから実際使ってみるまでは分からない。
願わくば表示通りであって欲しい。


iPadにアプリを入れて使ってみると、iPadの画面に大きく映像が映し出される。
これはもしやと思い、カメラを三脚に固定してWi-Fiで映像飛ばしながらローラー台に乗ってみる。

s-IMG_8939.jpg

思った通り、リアルタイムに映像を確認しながら練習が出来るぞ!
あんな角度や、こんな角度から撮って観れる。
これまではいちいち撮って、自転車下りて観て、また乗って・・・だったのでめんどくさかった。
これからはリアルタイムに動きをチェック出来る。
ローラー台にしろコアトレにしろ、イメージした動きと実際の動きがどうなっているかを確認出来るのは大きい。


いろいろ使えそうなアイテムだな~
ちょっと今後が楽しみだぞ。





実走のデータ

Time・・・・・01:01
Distance・・・26.19km
TSS ・・・・・67.2
Kilojoule ・・522kj
IF・・・・・・0.81

AvePw:175W NormPw:205W MaxPw:534W
AveHR:140bpm
AveSpd:25.7kph
AveCad:71
Elevation:220m







  1. 2014/08/20(水) 23:57:58|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Solestarのインソール到着

今日の朝、先月のフィッティングの際に作成していただいたSolestarのインソールが届いた。
楽しみにしていた物なので非常に嬉しい。
そしてお土産のコーヒーまで・・・
ありがとうございます。


早速インソールを試したかったのだが生憎の雨。
こんな日に限ってねぇ~


仕方がないのでまずは部屋でコアトレ。
一通りマットワークのメニューをこなすこと60分。
その後でローラー台を使って自転車に乗りながら脚の引き上げに使う筋肉に刺激を・・・
折角なのでインソールを入れることに。
実走デビューでないのが残念だが仕方がない。


その前に今まで使っていたSIDASのインソールと見比べてみる。

s-DSC00395.jpg

青がSIDASで黒がSolestar
見た感じでも土踏まずの下部付近がSIDASに比べせり上がっている。


個々に写してみると・・・

s-DSC00397.jpg

s-DSC00396.jpg

もう全然違います。


裏面を見てみると・・・

s-DSC00398.jpg

s-DSC00399.jpg

SIDASのインソールは土踏まずぐらいまで補強?が入っているのに対し、
Solestarのインソールは小指球側の指の付け根くらいまでがっつりカーボンが入っている。
拇指球側には無い。

s-DSC00394.jpg

s-DSC00393.jpg

もう柔らかいのが指先くらい。
凄く硬い。
で、その硬いSolestarのインソールを硬いBontのシューズに入れると・・・それはそれは硬い。
これはちゃんとした動きが出来ないと足に痛みが出そうだ。


シューズを履いた感覚としては例のせり上がりによって踵を内側から持ち上げられるような感じ。
なるほど脚が真っ直ぐというのはこういう感じかと思う。


まさひふさんのフィッティングを受ける前、
ペダリング中や普段立っている時に内踝に引っ張られるような感覚や鈍い痛みがあったのだが、
それはナチュラルに踵が内側に落ちてしまっているのだろう。
その上で内側から斜めに踏んでいるので内踝により負荷が掛かるといった具合だろうか??


それがSolestarのインソールによって踵がどうあるべきか教えられている気がする。
このインソールを使って以前と同じ内から踏むペダリングをしたら足裏とか相当しんどいだろうな・・・
Solestarのサイトを見ても「圧力を掛けた時(踏む時)に脚が内側に捻じれるのを防ぐ」的なことが書いてある。
折角脚を踏みおろしているのに脚が捻じれることでロスが生じるのを防ぐのだろう。


実際にローラー台に乗ってペダリングしてみる。
まずは無負荷状態でペダリング。
踏む意識を捨てて持ち上げる意識。
意外と最初はこれが難しい。
頭でわかっているのに踏みに意識が行く。
無意識に積み上げた癖というのは本当に恐ろしいものだ・・・
そこのスイッチを上手く切り替えると引き上げに集中できる。


踵が内に落ちないようにサポートされているのもあってか真っ直ぐ持ち上げる感覚が持ちやすい。
Solestar利用者のカンチェラーラのペダリングとかを見てみると、
脚の付け根、膝、ペダルのラインが真っ直ぐに保たれている。
そういう踏み方をしろということなんだと思う。
脚を真っ直ぐ上げ下げするペダリングは自分で上から見ているとかなりがに股に見える。
最初は目の前に鏡を置いてやったほうが良さそうだ。


うん、何かこのインソールは今まで使ってたやつとはかなり違うな・・・何かすげーぞ!!
まぁまだローラー台でちょっと使っただけなのでアレだが・・・
後は機材に人間をフィットさせていかなければね。
機材がロスを最小限に抑えるように作られているのに、
上に乗っている人間の動きにロスが有りまくりだともったいないな・・・頑張ろう。


明日、明後日は山形出張。
早く実走で試したいのにな~
出来ればロングが望ましい。
でも週末はエンデューロか・・・





  1. 2013/10/09(水) 01:42:31|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不要品処分中

いろいろと悩んだが、
著しく使用していない、もしくは使用する予定がない機材を処分することにした。


ということでいくつかオークションに出品中。


DURA-ACEの52-39クランクセット

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r99788782

その他サドルなど・・・


もしかしたらフレームも出品するかもしれません。


早速ホイールはご購入いただきました。






  1. 2013/03/04(月) 00:19:57|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーメーター校正

ちょっと気になることがあってパワーメーターの校正を試みる。
いろんな方のブログを参考に必要な物を揃えてやってみた。


まずはCinQoから・・・
こちらはインナーのチェーンリングを34から38に交換したのだが、
Quarqサイト内のキャリブレーションテーブル表に38という選択肢がなかったので、
Qalvinというアプリを利用してiPhoneを通じて校正してみた。


大まかな手順はQalvinにある通り。
重りは適当に用意した物を使用。
家庭用の体重計で重さを測ったところ13.15kg


ローラー台にセットした自転車のクランクを地面と水平にする。

校正

ペダルに重りを下げて数値をとって定められた手順をこなしていく。

校正

全6手順を終えるとQalvin内に適正スロープ値が表示される。

校正

0.14%のズレがあった模様。
0.14%だと気にしなくてもいいレベルかな??




次にPTの方を・・・
こちらは誤差があったところでCinQoのように調整できない。
どれくらいのズレがあるかを認識して自分で数値を計算することになる。


手順はこちらもクランクを水平にして重りを載せる。
ホイールが回転しないようにつっかえ棒を・・・

校正

ギアは50-12、50-16、50-25にセットして、各3回ずつ計測してみた。


結果は、
50-12:42、44、42 (平均42.67)
50-16:59、57、60 (平均58.67)
50-23:83、83、83 (平均83.00)


これらを計算上の理論値と比較。
計算式は、

トルク = クランク長(in) × 重りの重量(lb) × リア歯数 ÷ フロント歯数

とのこと。


この結果、
50-12:-7.16%
50-16:-4.27%
50-23:-5.79%
となった。


3年近く使い倒して大分へたっているのだろうか??
チェーンもそれなりに伸びているが影響有るんだろうか??
この手のことは全く詳しくないのでわからず・・・


試しにこの前のSSTの数値にその時回していたギアに一番近い50-16の数値をかけてみたらおおよそその通りの数値になった。


まだ気になることがあるのでもう少し計測してみよう。









  1. 2012/11/15(木) 23:56:18|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

増し締め

CinQoのゼロオフセットの値が-600くらいになっていたので増し締めしてみる。
とりあえず増し締め直後は-160くらいになり、
ローラー回して様子を見ていると-250くらいになる。


どんなモンなんですかね??
しばらく走って様子を見てみよう。


ということで練習らしい練習は無し。
筋肉の回復に専念。








  1. 2012/10/09(火) 22:06:28|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱パワータップ

今日は日曜朝練の日だったが昨日の疲れもあり二度寝。
行ってもどうせ走れないし・・・的なネガティブ系サボり。


二度寝でスッキリしたところで午前中は仕事をする。


午後になり1つの荷物が我が家に到着。From USA.
明日到着予定のはずだったのでビックリ。
そしてガッツリ関税を徴収される・・・


Uncle Samから送られてきたのはとあるクランクセット。
これこそがこの夏の大改造計画の最大にして最後の催しなのである。
それがこれ・・・

CinQo

CinQo with ROTOR 3D crank 50/34


脱パワータップをするのである。


パワトレを導入して2年程が経つ。
PTによってもたらされた恩恵は数限りない。
しかしパワトレを継続しているとある欲求に襲われるようになる。

「レースでのパワーデータを取りたい」

この欲求に対処するには、

①レース用のPTホイールを組む
②クランクで計測するタイプに移行する
③諦める

のいずれかを選択しなければならない。


ところが①の選択肢だとレースで使うホイール分PTが必要になる。
ヒルクラと平地で使うホイールが必ずしも同じとは限らない。
ホイール縛りに陥ることになるのである。


そして決戦ホイール分PTを用意すると結局クランク式のパワーメーターが買えてしまう金額になるという・・・


よって②を選択し、とある日の深夜、ひっそりとポチってしまったという経緯。


これで脱パワータップ化が成功しホイール縛りから解放される。
練習でもレースでも好きなホイールを使えるようになる。


その代償として私は極貧に陥るのである。


お決まりの重量測定。

アルテグラ

さっきまで付いていたアルテ50/34のクランクセットは695g

CinQo

CinQo with ROTOR 3D crank 50/34のクランクセットは762g


67gの増量。
PTに比べれば軽いもんだ。


そしてROTORをチョイスしたことで晴れて楕円ギアユーザーの仲間入り。
写真見てもわかるように楕円の一番高くなる部分にFDを合わせてセッティングすると低い部分とFDの隙間がもの凄い。


乗った時、一体どんな感じになるのだろう??


そしてこの度CinQoを選んだ理由の1つが、
iPadやiPhoneのアプリで簡単にスロープ調整が出来るというのもある。

CinQo

アプリはこんなヤツ。


アプリをダウンロードして、
ミノウラのLive Trainingで使うドングルを差し込めばCinQoと交信出来るようになる。


Live Trainingを使ってみようと思って購入したドングルだったが、
Live Trainingのあまりのダメっぷりに一時は捨ててやろうかと思っていた。
それが今こうして役に立つ日が訪れるとは・・・


こうして新たなるパワトレライフが始まるのである。


あ、ちなみにパワータップ使いたい人がいたらお貸しします。
CinQoが故障した時は返却してもらうという条件付きですが・・・







  1. 2012/09/02(日) 21:09:33|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。