北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャトー・サント・コロンブ

暑くなってビールが多かった今日の頃だが、
久しぶりにワインを飲む。


シャトー・サント・コロンブ


シャトー・サント・コロンブの2003年。
コート・ド・カスティヨンのワイン。


ボルドー右岸ということでメルロ-比率が高い。


そして醸造コンサルタントはミスター・メルロ-と称されるミシェル・ロラン。
ミシェル・ロランといえばモン・ペラも手がけている。


飲んだ感じとしてはモン・ペラよりも少し酸が強い感じだろうか??
渋味はほどよい感じ。


ただモン・ペラに比べるとパワフルさに欠ける。
これが1000円台と2000円台の違いなんだろうか??


あとへたるまでの時間が短かったかな。


それでもコストパフォーマンスは高いと思う。


みんなでワイワイやる時には良いかもしれない♪


























スポンサーサイト
  1. 2012/07/03(火) 20:34:15|
  2. ボルドー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャトー・モン・ペラ

昨日はトレーニングを休んで録画したシクロクロスのワールドカップを観ながらワインを飲む。


飲んだワインはこれ

シャトー・モン・ペラ

シャトー・モン・ペラ

シャトー・モン・ペラ

ヴィンテージは2009年。


今回は友人との共同購入により、
この様な箱に入ってのご到着。

シャトー・モン・ペラ


この木箱の中に6本収まっている。

シャトー・モン・ペラ


ちなみに木箱は私が頂いた。
ワインをしまっておくのに使おう。







  1. 2012/02/15(水) 21:25:30|
  2. ボルドー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イゲルエラ

今日は回復走の日なので軽く1時間ほど流して飲む。


今日のワインはコレ。

イゲルエラ

イゲルエラの2010年。
スペインのワイン。


近所のスーパーで1000円程、
ネットで購入すれば900円台のワインだがなかなか侮れない。


開けた途端から良い香りが漂ってくる。


飲んでみてもパワフルな感じで美味しく飲める。


これで1000円程度なのはとてもお買い得だと思う。


ただ時間はあまり保たなかった印象。
1時間しないうちに香り等は薄れてしまった。


それでも価格を考えると全然あり。


何人かで集まった時にみんなで一気に開けてしまうようなシチュエーションにはバッチリかな。








スペインといえば・・・コンタドール・・・
スキッとしない事件だ。




















  1. 2012/02/09(木) 22:45:52|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下北ワイン Ryo

以前から一度は飲んでみようと思っていた国産ワイン。

下北ワイン Ryo

青森の下北で作られているワイン。


下北ワイン Ryo 2009 ピノ・ノワール


青森県の下北地方でピノ・ノワールの栽培に成功し、
そこで栽培されたピノを使用して醸造したワイン。


国産のワインはほとんど飲んだことがないが、
正直イメージは良くない。


美味しい国産ワインに出会ったことがまだない・・・というのが理由だろうか。


話のネタに・・・という感じであまり期待せずに飲んでみた。


味の印象としては酸味が強い。


ピノは酸味があるブドウだが、
それにしても酸味が強いように感じた。


時間をかけてじっくりと味わおうと思い、
1時間ほど掛けてゆっくりと飲む。


1時間経った頃には強かった酸味も少し丸くなったように感じるが、
今度は余韻が全くなくなってしまった。


開けたてから余韻はさほど感じられなかったのだが・・・


今まで飲んだことのある国産ワインもみな余韻が乏しかったな・・・
良いのを飲んでないだけなのかもしれないが・・・


全体の印象としては思っていたよりは悪くなかったという印象。


ただこの値段で飲みたいかと言われれば、
「別に・・・」というのが正直な感想。


このワイナリーのその他のワインはどんなもんなんだろう??








  1. 2012/01/04(水) 23:52:01|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バローロ アウダチェ

先日の話ではあるがあるワインを一本いただいた。

アウダチェ

バローロ アウダチェの2004年。


ピエモンテ州の言わずと知れた高級ワインの産地。


そのワインを頂き物で堪能できるとは・・・ありがたい!!


開けてすぐに飲んだ感じとしては、
とても美味しいがもう少し待った方が香りが良くなりそうという感じ。


ゆっくり時間をかけて楽しむ。


このワインに使われているネッビオーロというブドウは長期熟成に向いているらしい。


2004年のバローロは出来が良かったようなので、
今よりもう少し先が飲み頃なんだろうか??


とりあえずは抜染して気長に待つ。


小一時間ほどして飲んでみると、
開けた時に物足りなかった香りがブワッと広がるようになっていた。


つくづくワインは飲むタイミングが大切なんだと思った。


味の云々については相変わらずわからないのでスルー・・・







2004年といえば、
ダミアーノ・クネゴが初めてジロを制した年だ。


今はなきサエコチームでシモーニのアシストを勤めるはずだったクネゴが、
若さ溢れるパワーでステージ4勝を挙げ、
若干22歳にして総合優勝までかっさらっていった。


激怒したシモーニとはこの後袂を分かつことになるが、
これは一つの世代交代劇だったんだろう。


若くしてジロを制したクネゴはその後のグランツールでの大活躍を当然期待され毎年のように優勝候補に名前を連ねた。


その後グランツールで総合優勝することは現時点ではまだないけれど・・・


むしろ現在のクネゴのスタイルはむしろワンデーレーサー。


そのワンデーレースでも近年パッとしないことが多い。
勝負所で脱落していく姿がよく見られるようになった。


このアウダチェが飲み頃を迎えるのが何年先かわからないが、
その頃クネゴもまたさらに円熟味を増した選手になっているのだろうか??


それとも・・・













飲み過ぎて翌日頭が痛かった一本。












  1. 2011/11/14(月) 19:52:44|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンテヴェルティネ

久しぶりのワインネタ。


先日の菅生で無事優勝できたので家でひっそりと一人祝勝会。


とっておきの1本を開ける。


モンテヴェルティネ


モンテヴェルティネの2007。


イタリアはトスカーナの1本。


飲んだ印象としてはブルゴーニュのピノ・ノワールのような感じ。


非常に飲みやすくスイスイ喉を通っていく感じ。


トレーニングして身体が疲れていても飲めるな!!





このワインに使用されているサンジョベーゼが収穫された2007年、
ツール・ド・フランスを制したのは若き新星アルベルト・コンタドールだった。


コンタドールのその後の活躍はもはや飛ぶ鳥を落とす勢いとなる。


この2007年のツールはまさに群雄割拠。


ランス・アームストロングという絶対王者が2005年に引退してから、
多くの有力選手が優勝候補に上がっていた。


むしろこの年のコンタドールはダークホース的な優勝だったように記憶している。


この時2位に甘んじたのはオーストラリアのカデル・エヴァンスだった。
コンタドールから23秒差という僅差での敗北だった。


さらに翌2008年、
またもエヴァンスは2位に甘んじる。


エターナル・セカンドと呼ばれる存在となった。


もう少しチームのサポートがあれば・・・
もう少し周囲の強力があれば・・・
もう少しの運が味方すれば・・・


エヴァンスはもう少し早く勝つことが出来たのかもしれない。


そんなエヴァンスが今年のツールで爆発した。


チームのサポート、特に山岳においてのサポートはあまり万全ではなかったと思う。


もう一人の優勝候補、
アンディーが逃げに出た時もチームはおろか周りのライバルも協力的ではなかった。


ほとんど全ての逆境を一人で対処していたように見えた。


最終局面の個人TT。
ドーフィネからチェックしていたグルノーブルのコースで、
念入りに下見や試走を繰り返したエヴァンスと苦手なはずのTTステージをおろそかにしたアンディーの明暗が分かれた。


エターナル・セカンドがついにツールを制した瞬間だった。


ある意味エターナル・セカンド同士の対決ではあったのだけれど・・・


エヴァンスは選手としては決して若くはない。
そんなベテラン選手でも諦めなければ目標は達成できる。


エヴァンスがそう教えてくれた気がする。


夢にまで見たマイヨジョーヌに袖を通したエヴァンスの目からこぼれた涙には、
一体どれだけの思いが詰まっていたのだろう??


諦めなければ夢は叶う。


サンジョベーゼの深い味わいを堪能しながら、
ふとそんなことを思った。















このシャトーの1番のワインは、
ブドウの出来が良かった年にしか生産されないらしい。


いつか味わってみたいものだ・・・











  1. 2011/10/19(水) 01:16:58|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピノ・ブラン・キュヴェ・レゼルヴ

今日はトレーニングオフ日。


ということで夕食と一緒にワインを・・・


今日の夕食は海鮮系のパスタ。
それに白を合わせて楽しむ。


パスタの具の味付けに今日飲む白ワインを少し加えてみる。


今日のワインはピノ・ブラン・キュヴェ・レゼルヴの2009。


このワインもビオディナミ製法。
今まで飲んだ中でビオディナミな1本で悪い印象を持ったワインって無い気がする。


たまたまハズレを引いてないだけなのと、
タイユヴァンのセレクトが良いのだろう。


このピノ・ブランもキリッとした感じで、
暑い時期に飲みやすい1本に思える。


そして今日のパスタとの相性がまた良い。


もう一つ付け加えるとしたら、
海鮮系のパスタに白ワインから感じる柑橘系の味わいをたしたら良かったのだろうか??


レモンとか・・・


食事とワインの相性が良いと楽しみも倍増する。
改めて感じた今日の夕食。














今日飲んだのは2009だったけれど・・・







  1. 2011/08/25(木) 22:39:57|
  2. フランス(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RN13

今週の土曜日(7月2日)から、
いよいよツール・ド・フランス2011が始まる。


ということでツールにちなんだこんな1本。


RN13


RN13


なにがツールにちなんでいるかというと、
ツールのコースに使用された国道13号をもじっているそうな。


なのでエチケットもよく見てみると・・・


RN13


道路脇で軽食を摂りながらツール・ド・フランスを観戦している光景。


そしてVin de pique-nique(ヴァン・ド・ピクニック)、
「ピクニックで飲むワイン」なんてエチケットさながらの遊び心。


RN13


そしてオープナーが無くても気軽に開閉できる作り。


何とも陽気な気分が味わえそうな1本。


気軽なだけかと思えば、
有機栽培のブドウを使用していたりとこだわりの一面も・・・


飲んだ感じとしてはガツンと来るようなパンチがあるわけではないけれど、
スイスイと飲めちゃうような飲みやすさ。


ピクニックしながらいつまででも飲んでいられそう・・・そんなワイン。


現地で仲間とこのワインを飲んでワイワイやりながらツールを観戦することは出来ないけど、
家でテレビの前でこのワインを飲みながらツールを観戦することは出来る。


ツールにちなんだワインを飲みながらツールを観戦する。


この夏の楽しみの1つになるかもしれない。


楽しいワインが飲めそうだ♪


























  1. 2011/06/30(木) 21:38:16|
  2. フランス(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャトー・モーカン

つい最近飲んだワイン。


シャトー・モーカン


シャトー・モーカンの2003年。


開けてすぐに飲んでみても良い香りと味が楽しめた。


しばらく待って再び飲んでみると、
開けた時よりもさらに香り豊かで味わいがまろやか。


久しぶりにめちゃ旨いワインを飲んだ感じだ。









2003年の夏、フランスは猛暑に襲われた。


この年100周年を迎えたツール・ド・フランスはランス・アームストロングにとって、
史上2人目となる大会5連覇がかかっていた。


2003年のツールでのアームストロングは暑さもあって調子が悪く、
得意とするタイムトライアルでもライバルにタイムをつめられた。


中盤の14ステージが終了した時点で、
総合2位のウルリッヒ、3位のヴィノクロフがともに20秒差以内にいるという非常事態。


ライバル達はここぞとばかりに山岳で波状攻撃をしかけ、
アームストロングを苦しめた。


全盛期のアームストロングがこれほどまでに波状攻撃をかけられたのは、
後にも先にもこのツールだけだったかもしれない。


結果的に調子を取り戻したアームストロングが見事5連覇を達成したのだが、
2位のウルリッヒは約1分差と7連覇したツールの中で最もタイム差の少ない大会となった。


ちなみに強豪ベロキが溶け出したアスファルトにタイヤを取られ大落車したのもこの年だった。


結局ベロキはこの時の大怪我によってトップクラスの選手として戻ってくることは2度となかった。


気温や道路のコンディションなど様々な面で選手を苦しめた2003年のフランス、
この年のブドウの出来は決して悪くはなかったようだ・・・


アームストロングが苦しんだ気候の中で育ったブドウから出来たワインを飲み、
2003年のツール・ド・フランスの映像を観て想いをはせる。


何とも言い難い至福の瞬間だ!!










フランス 赤ワインシャトー モーカン [2003]

フランス 赤ワインシャトー モーカン [2003]
価格:2,800円(税込、送料別)




もう一度買って飲みたいワインだ。
  1. 2011/06/23(木) 19:11:20|
  2. ボルドー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャトー・ラシェネ

最近暖かくなってきてからはビールに傾倒していたけれど・・・


久しぶりの1本はコレ

シャトー・ラシェネ


ボルドーはオー・メドックのシャトー・ラシェネの1993年。


いまいちなヴィンテージではあるが、
20年近くの年を経たワインがどんなものであるのか勉強してみる意味合いと、
何より2000円くらいで買える手頃さだったので。


ただし、購入した店は某経営破綻しかけの百貨店で、
ワインが置いてあった場所も温度が高く、
環境としては良くなかったので期待度は・・・


ワインの色合いは若いワインに比べうっすらとしている。


飲んでみると口の中で広がる香りが感じられず、
これが終わってしまったワインというものなのだろうか??という印象を受けた。


香りがもっと豊かであればきっと美味しいワインだったのではないかな??


このワインにも香り豊かで美味しい時期があったのだろう。


このワインが造られた1993年、ジルベルト・シモーニは、
ジロ・デ・イタリアのアマチュア版であるベビー・ジロとイタリア選手権のアマチュアチャンピオンに輝いた。


その勢いのまま翌94年にプロ入りを果たすも勝てない日々が続いた。


そんなシモーニがジロで総合優勝したのは2001年。
2位に大差をつけての圧倒的な勝利だった。


2003年にも総合優勝を果たすが、
これがシモーニのステージレースでの最後の総合優勝となり、
この2003年を境にビッグレースでの勝ち星も減っていっている。


しかし、2007年の17ステージ、
難関ゾンコランでの頂上ゴールで優勝しクライマーの力を見せつけた。


このゾンコランは2011年現在、
ジロ・デ・イタリアに4度登場しうち2回はシモーニが優勝している。


晩年のシモーニは得意であった上りで集団から後れていく光景がよく映し出された。


かつての名クライマーが上りで遅れていく光景にカメラのレンズが集中し、
それをテレビ越しに見ているのがなんとも悲しかった。


世界のトッププロが走る大会ではかつての名選手が遅れていくというシーンをよく目にする。


絶えず新しい力が台頭し、
その陰で消えていく選手もまた多い。


年齢による力の衰えの緩急は人それぞれだが、
どんな素晴らしい選手でもやがてその時は訪れる。


新しいスターが活躍を見せる中で、
ゆっくりと選手としての人生を終えようとしている姿を見ているのは何とも言えない切なさがある。


人もワインも同じようにやがては衰えていく・・・
素晴らしい時期を通り越してしまったこのワインを飲んでいるとそう感じる。






  1. 2011/06/02(木) 00:51:18|
  2. ボルドー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。