北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

注文完了

一昨日、ローラー台でもがいたせいで筋肉痛。


昨日もL3ではあるが負荷をかけたので、
今日は大人しくオフにしよう。


ということで、早速ビールを飲んでいる。


タイトルの件、
とある機材の注文をしてきた。


今のところ入荷の予定が来年の5月、
パーツ等の準備も含め実際に使用出来る時期は未定。


楽しみだ。






スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 21:29:47|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Fatigue Profile計測(2010/10/24) - L7、L6

今年のファティーグ・プロフィールを計測する前に、
昨年のL7、L6のデータを発見したので記録として残しておく。


本来このデータを人に公開するのは戦略上決してプラスではないけれど、
別にデータを記したところで誰も興味ないだろう。


あくまで過去の記録を忘れないためということで・・・





__________________


L7、L6 Fatigue Profile Test


5秒:1052w
10秒: 929w 12% Well Above
20秒: 745w 29% Above

30秒: 583w
1分: 486w 17% Above
2分: 356w 39% Below


昨年の10月のデータによると、
1分までの耐久性は割と悪くないが2分までになるとダメらしい。


そしてスプリントはロングスプリントタイプといったところか??


これを今年計測するとどう変化しているのだろうか??
それとも基本性能は変化しないのだろうか??


ある意味、再計測の結果が楽しみだ。
きついけど・・・





  1. 2011/10/30(日) 23:10:36|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L3

相変わらず実走せずに室内で短時間トレーニング。


負荷を掛けるには効率が良いのだが、
長い時間やっていられないのがデメリット。


今日は筋肉の張りが少しあったのでL3辺りで・・・






_________________


L3:30分、207w、166bpm、91rpm


30分は長い・・・


2002年のツール第12ステージを観ながら回す。


全盛期のアームストロングは異様なほど強い、強すぎる・・・


前後に15分ずつアップとダウンを入れて計60分。


ダウンは軽いギアをクルクル・・・


筋肉に負荷がかかるトレーニングでは、
筋肉のケアも重要になるな。


実走が出来なくなる前に、
パワー・プロフィールとファティーグ・プロフィールのテストをしておきたい。






  1. 2011/10/30(日) 22:07:28|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教科書

菅生の終了とともにオフモードに入ってしまった。


ダラダラとたいしてトレーニングもしない日々が続き、
菅生以降は実走は一度もしていない。


そんな中で中もしていた一冊の本が届いた。


パワー・トレーニング・バイブル


これまで洋書版しか販売されておらず、
仕方がないので辞書を片手にセコセコと訳しながら読んでいたが・・・


この度、目出度く日本語翻訳版が販売された。


これで少しは・・・いや、かなり読みやすくなる。


パワーメーターを付けて、
パワー・トレーニングをする人間にとって必須な一冊だと思う。


ただ何となくやるだけよりは効果的になるだろう。
きついけど・・・


今のところぱらぱらとしか見ていないが、
概ね自分で読んで解釈していた内容で合っているようだ。


よかったよかった・・・


購入はこちらから出来るようです。






  1. 2011/10/29(土) 23:54:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FTP計測(2011/10/20)

過去と現在のトレーニング状況を把握するために、
FTPの計測記録をしっかりつけていこうと思う。


というより、何故今までそうしていなかったのだろう??


10月20日計測


FTP:243w

L1:  ~134w( ~ 55%)
L2:135~182w( 56~ 75%)
L3:183~218w( 76~ 90%)
L4:219~255w( 91~105%)
L5:256~291w(106~120%)
L6:292~364w(121~150%)
L7:N/A

Sub-LT:214~224(88~92%)




今後、数週間はこのゾーンに基づいてトレーニング。








  1. 2011/10/21(金) 23:20:13|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易FTP計測

かなり久しぶりのFTP計測。


とは言え、めんどくさいので推奨される手順ではなく簡易的に・・・


5分アップ

10分L4

5分レスト

20分FTP計測

10分ダウン


こんな感じで計測してみた。
20分の計測に入る前に一回負荷を掛けて、
サラ脚ではない状態にしておけばいいかな??・・・そんな感覚。




__________________


FTP計測:20分、256w、177bpm、87rpm


適当な感じで5分ほどアップし、
そこからL4レベルで10分負荷を掛ける。


この10分は平均で225w


5分レストを取り、ここからがいよいよ本番。


20分の地獄が始まる・・・


地獄のお供はブエルタの山岳ステージ。
コーボとフルームがステージ優勝並びに総合を争った頂上ゴールの第17ステージ。


始めの235w辺りから入り、
10分経過辺りで250w弱程に上げていく。


この辺りから体感的にもかなりきつくなってきて、
ブエルタの映像も観ているけど頭に入ってこない。


終盤に向けてギアを一枚重くして頑張る。


無駄に力んでいるせいだろう。
肩周辺の血流が悪いのかズシンと重く感じる・・・というか気持ち悪い。


時間が減っている気がしない。


心拍は180程、
意識して呼吸を深くしてさらに頑張る。


残り3分・・・
さらに一枚ギアを上げて最後の力を振り絞る。


イメージ的には菅生の最後の坂。


手を抜きたい衝動に駆られるが死ぬ気で踏む。
菅生の終盤よりはマシ・・・そう思って踏む。


残り30秒がやたらと長い。


ほぼ虫の息で20分終了。


結果は256w


これの95%ということで、暫定FTPは約243w。


ちょっとパワーアップしたかな??


実走での数値とはまた違うだろうけど、
ローラー台でのFTPは243wということで強度を設定していこう。


あぁ・・・しんど・・・






  1. 2011/10/20(木) 22:55:46|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンテヴェルティネ

久しぶりのワインネタ。


先日の菅生で無事優勝できたので家でひっそりと一人祝勝会。


とっておきの1本を開ける。


モンテヴェルティネ


モンテヴェルティネの2007。


イタリアはトスカーナの1本。


飲んだ印象としてはブルゴーニュのピノ・ノワールのような感じ。


非常に飲みやすくスイスイ喉を通っていく感じ。


トレーニングして身体が疲れていても飲めるな!!





このワインに使用されているサンジョベーゼが収穫された2007年、
ツール・ド・フランスを制したのは若き新星アルベルト・コンタドールだった。


コンタドールのその後の活躍はもはや飛ぶ鳥を落とす勢いとなる。


この2007年のツールはまさに群雄割拠。


ランス・アームストロングという絶対王者が2005年に引退してから、
多くの有力選手が優勝候補に上がっていた。


むしろこの年のコンタドールはダークホース的な優勝だったように記憶している。


この時2位に甘んじたのはオーストラリアのカデル・エヴァンスだった。
コンタドールから23秒差という僅差での敗北だった。


さらに翌2008年、
またもエヴァンスは2位に甘んじる。


エターナル・セカンドと呼ばれる存在となった。


もう少しチームのサポートがあれば・・・
もう少し周囲の強力があれば・・・
もう少しの運が味方すれば・・・


エヴァンスはもう少し早く勝つことが出来たのかもしれない。


そんなエヴァンスが今年のツールで爆発した。


チームのサポート、特に山岳においてのサポートはあまり万全ではなかったと思う。


もう一人の優勝候補、
アンディーが逃げに出た時もチームはおろか周りのライバルも協力的ではなかった。


ほとんど全ての逆境を一人で対処していたように見えた。


最終局面の個人TT。
ドーフィネからチェックしていたグルノーブルのコースで、
念入りに下見や試走を繰り返したエヴァンスと苦手なはずのTTステージをおろそかにしたアンディーの明暗が分かれた。


エターナル・セカンドがついにツールを制した瞬間だった。


ある意味エターナル・セカンド同士の対決ではあったのだけれど・・・


エヴァンスは選手としては決して若くはない。
そんなベテラン選手でも諦めなければ目標は達成できる。


エヴァンスがそう教えてくれた気がする。


夢にまで見たマイヨジョーヌに袖を通したエヴァンスの目からこぼれた涙には、
一体どれだけの思いが詰まっていたのだろう??


諦めなければ夢は叶う。


サンジョベーゼの深い味わいを堪能しながら、
ふとそんなことを思った。















このシャトーの1番のワインは、
ブドウの出来が良かった年にしか生産されないらしい。


いつか味わってみたいものだ・・・











  1. 2011/10/19(水) 01:16:58|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

L4

シーズン最終戦も終了し、
一息つくどころか何故かやる気が増してきた。


菅生でのチームメイトの走りに刺激を受けたというのが大きいだろう。


皆それぞれの思いがあって練習に励み、
それぞれにレベルアップしている。


競技において意識し合う仲間がいるというのは重要なファクターだと思う。
しかもこんなにもたくさん・・・


私はチームに恵まれていると思う。


この良い流れの中でどこまで成長できるのだろう??


ということでローラー台。


L4レベルで20分×2セット。




_________________


1本目:20分、220w、159bpm、83rpm
2本目:20分、223w、166bpm、82rpm


15分×2セットのつもりで始めるも意外と調子が良いので20分に延長。


先日のロンバルディアを観戦しながら・・・


残り60km付近まで新城が逃げていた。
ビッグレースで日本人が活躍している姿を観るのは嬉しものだ。


話をトレーニングに戻すと、
いい加減FTPを再計測しなくては・・・


次のシーズンに向けてのメニューも考えていきたい。


とは言っても、大まかなメニューは現時点と殆ど変わらないだろう。


今後も主となるのは長時間維持できる出力を向上させていくこと。
簡単に言ってしまえばFTPの向上。


その上で目指すレースによって味付けが変わっていくことになるだろう。


来年はどんなレースに参加しようかな??







  1. 2011/10/18(火) 22:06:32|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菅生当日

昨日は菅生の日。
早朝に出発し菅生サーキットを目指す。


出発時の天気は雨、
天気予報では現地の天気も若干怪しい感じ。


しかし移動しているうちに雨は上がってきて、
現地に着くと曇ってはいるものの雨は降っていない。


しかしコース内はウェット。
レース場内に響く実況アナウンスでは落車もチラホラあるようだ。


路面を気にしながらまずは早めの昼食を摂る。


その後レース1時間ちょっと前くらいからジャージに着替えてローラー台でアップ開始。


30分ほどかけてゆっくり身体を温めていく。
気温が上昇してきていて汗が流れるくらい暑い。


身体が温まったところで5分ほどL4レベルで回して筋肉に刺激を・・・
そこから10分ダウンしてアップ終了。


それなりに汗をかいたので水分を補給。


いよいよ4時間の戦いが始まる。


走る順番は、Kさん→Yさん→私→Sさんの順。


スタートの合図とともに集団が動き出す。


3番手の私は気持ちを落ち着かせながら先頭走者から計測器の付いたボトルを受け取る準備をする。


思った以上に早くKさんが戻ってきた。
かなり早いタイミングだ。


ここでアクシデント。
2番走者のYさんの自転車がメカトラ・・・


急遽順番を交代し、私が2番走者に・・・


思いがけない展開に焦って自転車を用意して、
これまた焦って出走。


1本目な上に焦っていたので明らかにオーバーペースな事に気付くも後の祭り。


最初の上りはいいペースでこなすも、
ラストの上りではツケが回ってタレ気味で上る。


メカトラから復活したYさんにボトルを渡しつかの間の休憩。


思いがけないいきなりの高強度だったので、
若干めまい気味&吐き気・・・


2本目走れるのだろうかと少し不安になる。


2本目が回ってきた時には体調も落ち着いて、
ペースも考えながら走ることが出来た。


スタート直後の下りで51km/hちょっとに乗せて、
その後のS字の上りをアウターのまま一気に駆け上る。


スピードにして21~23km/h程だっただろうか??


そのまま完全に下りに入るまで勢いを殺さないように走り、
下りに入ると今度は脚を回さずにエアロポジションをとる。


頑張って踏みまくって下っている選手もいたが、
足を止めたエアロポジションで追いつき追い抜くことが出来たので、
ここの下りは回さない方がロスが少ないはず。


下りきってからのコーナーからはスピードが落ちきらない程度に回し、
ラストの上りまで出来るだけ脚を使わないようにした。


ラストの上りも軽めのギアで回して上っていく。
でもきつい・・・


1本目はいっぱいいっぱいだったが、
2本目は少し余裕を持ってメリハリのある走りを心掛けた。


結果、タイムは同じ6分18秒。
力の使い方によってだいぶ違うと感じた。


宮地でのタイムアタックでも感じていたが、
ただ速く走ろうとするだけでは体感的な強度の割りにタイムがあまり伸びない。


なかなか面白く、なかなか難しくもあるものだ。


同じ調子で3本目も割といいタイム。


しかし今回は1~3位までが接戦状態。
少しのタイムロスが命取りになるような展開が続いた。


その後も出来る限り全力で走るが徐々にタイムが落ちていく・・・


全体を通しての私のタイムは以下の通り(公式リザルトによる)

1本目:6分18秒、35.2km/h、平均182bpm(189bpm)、94rpm
2本目:6分18秒、35.2km/h、平均179bpm(189bpm)、92rpm
3本目:6分14秒、35.6km/h、平均181bpm(191bpm)、96rpm
4本目:6分25秒、34.6km/h、平均179bpm(189bpm)、93rpm
5本目:6分16秒、35.4km/h、平均179bpm(191bpm)、95rpm
6本目:6分26秒、34.5km/h、平均176bpm(189bpm)、90rpm
7本目:6分23秒、34.7km/h、平均174bpm(188bpm)、90rpm
8本目:6分34秒、33.8km/h、平均173bpm(188bpm)、92rpm
9本目:6分30秒、34.1km/h、平均174bpm(188bpm)、93rpm


平均ラップタイムは6分23秒。


昨年の平均ラップは6分33秒辺りだったと思うから、
一応10秒は縮めたということか・・・


でも、まだまだだな・・・


それと5本目までは6分10秒台で走っている(4本目は何故か20秒台だけど)のに対し、
6本目以降は全て6分20秒台以下になっている。


ローラー台では6分半のインターバルを4セットくらいまででやっていたが、
純粋にそれだけとは言えないが、もしかするとその辺の影響もあるのだろうか??


いずれにしても最後の方は肉体的にも限界だったからな~


ラスト2,3本のゴール後は、息を吸うと肺が痛いのであまり吸えず、
でも身体が酸素を要求しているのでヒューヒューいいながらフラフラしている状態だった。


本来なら最終走者は順番的に私だったのだが、
限界を感じていたため私より速く走れるYさんに替わってもらった。


不甲斐ない・・・


必死に走りまくった今回のエンデューロ。
結果は優勝だった。


でも、まだまだKさん、Yさんに表彰台に上げさせてもらっている状態。


昨年の目標はKさんとYさんが稼いだタイム差を最小限のロスで走ることだった。


今年の目標はKさんとYさんが稼いだタイム差を維持する走りをすること。
昨年に比べれば少しはマシになっただろうか。


来年は私もタイム差を稼ぐ走りがしたい。
心からそう思った。


そのためにはリピータビリティーを向上させなければ・・・


これで今シーズンの全てのレースが終了したが、
来年のシーズンに向けて再始動だ!!












  1. 2011/10/17(月) 23:25:26|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

L4

いつもは夕食後にトレーニングいているが、
今日は気分的に夕食前にやってしまう。


L5で6分30秒インターバルか、
L4で15~20分回すかで迷った挙げ句L4を選択。


退屈しのぎにパリ~トゥールを観戦しながら回す。






___________________


L4:20分、243w、168bpm、83rpm


アップしている時は調子が悪そうな雰囲気だったが、
メインセットに突入するとそれほど悪くはない。


割とスロースターターな方なので、
インターバルも2、3セット目あたりから調子が上がることもしばしば・・・


ヒルクラのレースなんかでも1時間近くアップしないとダメだし・・・


220~230wあたりで入るが、
10分経過したあたりで余裕を感じたのでシフトアップして上げていく。


後半に向けて徐々に出力アップして、
終わってみれば平均243wとまずまずな感じ。


L4


これをもう1セット出来たら最高なんだけど・・・


日曜日は菅生なのでとりあえず筋トレ的なメニューはこれで終了。


木曜・金曜は脚を回して心拍だけ上げていく練習。
土曜は軽くリカバリー・・・そんな感じかな??








  1. 2011/10/12(水) 19:42:56|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。