北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのコアトレ

今日は午後から雨。
よって夕方は乗れそうにもない。
ローラー台でトレーニングするか、いっそサボるか。


結局ローラー台はやらず、久しぶりにコアトレを少々。
しばらくサボるとダメになっているところもあったり。
最近気になっていた部分を中心に40分ほど。


コアトレをしてからは硬まっている筋肉のケア。
これは最近拘縮気味だった左の内転筋などを中心に幾つか。


トレーニング以外では、使っていなかったリーガルが新オーナーの元に旅立った。
私よりも大切に使ってくれることだろう。
もう1つのサドル、ADAMOも土曜日に旅立つ予定。
前面の幅以外はホントお気に入りのサドルだった。
替わりのサドル何にしようか??
月末に京都で新調するか・・・あと、エアロなヘルメットも欲しいな。







スポンサーサイト
  1. 2014/05/21(水) 22:10:33|
  2. 筋トレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍馬平

朝から曇り空でパッとしない天気。
気温もこの時期にしては低め、というか寒い。
上りの練習でもしようかと思っていたが何となく気乗りせずにうだうだ。
こういう時間が1番無駄なのである・・・


結局予定よりだいぶ遅れて出発。
本日も車載にて。
本日の機材はRXRS


大鰐から碇ヶ関まで裏道。
途中、早瀬野ダムの周りは走れそうかどうかチェック・・・無理だった。
それにしても風が強く寒い。
碇ヶ関の道の駅から軍馬平上り口までは強烈な向かい風。
追い込む感じではないのでダラダラと・・・
軍馬平もちょっと余裕を残しつつ走る感じで。



____________


軍馬平:25'14、7.78km、268W、167bpm、80rpm、19.0kph


温泉前で何やら工事中。
ギリギリストップせずに通過出来た。
とにかく勾配がきつい所は頑張らず緩い所でほどほどに。
横風が身に染みる。


前半4km終えてサイコン見ると26~27分か?というようなタイム。
勾配がきつくなる区間はほどほどといえども辛い。
体重重いとヒルクラってホントきついんだな。
どっかで体重1kgで1分なんて見たことがあるけど、
それがホントならベストまで落としたら軍馬平自己ベストだな。


1.5kmほど続くきつい区間を終えて、残り7~800m(青い道路標識の所)になったらスパート・・・なんて思っていたけど、そこまでに勾配にやっつけられた。
それでもタイムは今シーズンの標準タイムの50秒落ち。
最悪の想定よりは良かった。
今シーズンの標準タイムが最悪と言うことも出来る。


休憩せずに折り返し。
ほどよいスピードでコーナーの練習。
昨夜の雨風で木のカスが落ちまくっている区間は気をつけた。
今日はいつも苦手意識がある右のコーナーリングの感覚が良かった。
いつも苦手意識から腰が逃げていたんだな。
腰が逃げると重心も逃げる・・・って感じだろか??
グッと腰を入れてコーナーに入っていくイメージでやるとスムーズだった。


今日もまた下っている最中に身体が冷えまくり。
もう辛くなって撤収。
少し悪あがき的に碇ヶ関方面へ遠回りして大鰐に戻る。


大鰐では最近恒例の鰐カムで入浴。
サウナには行ってリフレッシュ。
これやっておくと疲労の残り方がホント違う。





実走のデータ

Time・・・・・02:09
Distance・・・51.57km
TSS ・・・・・139.9
Kilojoule ・・1146kj
IF・・・・・・0.81

AvePw:174W NormPw:203W MaxPw:??W
AveHR:129bpm
AveSpd:23.9kph
AveCad:69
Elevation:812m





  1. 2014/05/17(土) 21:03:04|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コーナーリングの妙

ここに、ある極秘動画がある。
大館の紳士がダテフェスにて撮影された映像だ。



※勝手に使用して申し訳ありません。


この動画の1:00からの動きに注目してみた。
先頭はCBのヨッシー選手、次いでI選手、3番手にゲストライダーの土井選手。
3時間クラスの先頭を走る集団。


3名が1列でコーナーに入るのだが、土井選手のコーナーリングのラインのみ他2名とは異なる。
何のブレもなく、スパッとクリッピングポイントを切り裂くようなコーナーリング。
コーナーリング直前に前2名と少し車間を空けているのが、
コーナーリング後にはむしろ2番手のI選手と列びかかっており、余裕を持って再度3番手に付き直している。


なるほど、これが上手い人のコーナーリングか・・・無駄がない。
この一つ一つの動きが終盤には効いてくるだろう。
無駄な減速、加速がないのでとってもエコ。
こういう周回をこなすレースやクリテリウムとかでは立派な武器になり得るんでないかな。


ちなみに一般道でやると対向車線に轢かれる可能性がある。
それと内にえぐり込むようにラインを取るので後ろの選手にも要注意だ。
土井選手もコーナー前に確認している。
たまに集団走行中のレースにも関わらず、ノーチェックでアウト・イン・アウトなライン取りをする人もいる。
前に夏油であったな。
大惨事を引き起こすぜ!!


と、まぁ何気ない事なのだが、精度が違うな~と思った。
ヨッシー選手とI選手の走りも半端無いな・・・




  1. 2014/05/15(木) 21:53:29|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笹森~田子

今日は時間が取れたので走りに行く。
昨晩からどこに行こうか悩んでいたが、1度笹森なる山に行ってみようと思い立つ。
もちろん自走でなど行かない・・・車でちょうどいい所まで。
七滝という所の道の駅に車を停めてそこからスタートすることに。

s-DSC00649.jpg

まずはその七滝で1枚。


ルートラボで調べておいたところによると、ここから頂上までは10km程あるらしい。
いきなり上り出すのもアレだしアップとかした方が良いかな?
なんて思いつつもめんどくさくなって割愛。
ということでいきなりスタート。
本日の体重は家出る時にジャージ着たまま計って71kgくらい。
ジャージ脱いだら70kg弱ってところか?少し痩せたぜ。



____________


笹森:34'16、9.71km、251W、175bpm、76rpm、17.0kph


あ~、いきなり勾配がきつい・・・
間に少し緩む区間もあったりするがちょいちょいきついのがやってくる。
5~6km地点くらいまでは耐えていたのだが後半きつい区間で勢いが死んでからはもうダメ。
もう勢いを取り返せない。
そこにやってきた13%の表示・・・一気に萎えた。


なんかもうきつくて、もう帰ろうかな?
なんて思いつつも十和田湖側へ下ってしまう。
悩んだ時には遠くまで行ってしまうのさ。嫌でも帰って来なきゃいけない。

s-DSC00650.jpg


途中の展望台にて・・・


予定ではR104を田子方面に走って、そこから迷ヶ平なる方面に折り返して十和田湖へ、
そして奥入瀬渓流を抜けて十和田湖HCコースを上って発荷峠から笹森へ・・・150kmくらい。
なんてコースを考えていたが、間違えて笹森から十和田湖に向けて一気に下っちゃった。
何かおかしいと気付いたのが宇樽部。
仕方がないから宇樽部から迷ヶ平経由で田子方面に行って折り返してくるというコースに予定変更。


ということで迷ヶ平までの上り。



____________


迷ヶ平:20'04、4.78km、220W、160bpm、63rpm、14.3kph


あ~、ここも入りからきついぞ。
笹森のダメージがでかい。身体が上りを嫌がっている。
私は以前どうやって上りを走っていたのだろうか?
全くもって上れない・・・いや、重過ぎなだけか?それ以外もあるのか??


迷ヶ平まで来るととてもとても年季の入ったドライブインがあった。
これは廃墟か?あ、営業してる・・・(失礼)
そのままスルーして田子を目指す。


車なんてほとんど来やしない。
左右には牛のいない放牧地が広がっているのみ。
景色に大分飽きてきた。
何やら長めの下りを下ってちょっとした集落に差し掛かる。
どこまで行って良いのかわからないのでここで折り返し。



____________


田子:34'36、9.80km、236W、167bpm、71rpm、17.0kph


風が強い。
上りと向かい風のダブルパンチ。
最早、かなり疲労してしまっている私。
九十九折りに入ってからはひたすら我慢。


再び迷ヶ平のドライブインに戻ってきて、ここで今日初めての休憩。
ドリンクとジェル的な物を摂取する。
ここまでで大体80kmくらい。サイコンによればもう1800mくらい上っている。


再び十和田湖に向け下る。
新郷村のキリストの墓にも行ってみたかったけど、その気力はない。
もう奥入瀬~御鼻部山の気力もない。


風に苦しみながら発荷峠の上り口に向かう。
こんなに遠かったけか?
風と疲労で距離感がおかしい。
いよいよ最後の上り。



____________


笹森(裏):31'03、8.63km、238W、170bpm、72rpm、16.7kph


最後だと思い頑張る。
上り始めは疲労感にしてはまずまず。
何か草津の上り始めの雰囲気に似ている気がした。
まずまずな感じも発荷峠に至る前に消え失せた。


峠を越えて笹森に向かう道に入ると少し勾配が緩んだ。
これ幸いと少しばかり回復させる。
緩い、きついを繰り返すこと数km、ようやく笹森の展望台が見えた。

s-DSC00651.jpg

最初に撮るのを忘れたので、ここで1枚。


後はダウンがてら10km下るのみ。
強風に飛ばされてくる木のカスなのか虫なのかが当たってきて痛い。
ようやく七滝に戻ってきた。
まさに満身創痍。頑張ったよポッチャリ・・・


自転車をさっさと車に積み込んで帰宅。
途中、大鰐にて温泉へGO!
サウナとかって疲れ取れて良いね。




実走のデータ

Time・・・・・04:55
Distance・・・113.37km
TSS ・・・・・319.3
Kilojoule ・・2765kj
IF・・・・・・0.80

AvePw:201W NormPw:203W MaxPw:446W
AveHR:144bpm
AveSpd:23.0kph
AveCad:69
Elevation:2347m





  1. 2014/05/14(水) 18:36:31|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西目屋開拓

16時半スタート。
本日はMadoneにて出撃。
目指すは西目屋。風が結構強い。


農道を通って湯口まで行き、そこからはいつものルート。
西目屋までは軽いギアで回す。


ビーチ西目屋を通り過ぎてもう少し足を伸ばしてみる。
相馬に抜ける道を行こうかと思ったが結構荒れているので止めた。
その代わりにどこへ行こうか考えていると山の上の方を軽トラが下ってくるのが見える。
なかなか良さ気な上りなのだがどこから入っていけるのだろう??


名坪平の旧道の方へ下りていくと橋の辺りからその軽トラが出てきた。
いざ、その方向へ。



____________


9'48、2.05km、285W、167bpm、65rpm、12.5kph


序盤から勾配が結構ある。そして入り口は路面が荒れている。
そのまま上って行くと道路が崩れたりしている箇所もあるが上って行くことは出来る。
サイコンで見たところ10%くらいの上り。
このくらいの勾配での私の失速度が半端無い。


どこまで続くかわからない上りは精神的にも辛い。
結局約2kmで頂上。
はて、ここはどこだろう?
この道を行くとどうなるものか??
恐る恐る進んでいく。
行けばわかるさ。


しばらく行くと分岐に差し掛かったが勘で進む。
すると集落に行き着いた。
どうやらグルッと回って大秋に出る道のようだ。

s-DSC00648.jpg

ま、普通に大秋まで上った方が良いかな。


復路は追い風巡行。
風に乗って無理しない程度に飛ばしてみる。



____________


14'52、10.84km、259W、163bpm、103rpm、43.7kph


前回追い風で飛ばした時は信号2回引っかかって42.1kph
今日は信号1回引っかかって43.7kph
最後は口に虫が入ってむせて終了。
高速巡行は気持ちが良い。


後は農道をゆっくりと家まで。






実走のデータ

Time・・・・・01:52
Distance・・・44.76km
TSS ・・・・・133.7
Kilojoule ・・1078kj
IF・・・・・・0.84

AvePw:201W NormPw:213W MaxPw:971W
AveHR:129bpm
AveSpd:23.8kph
AveCad:75
Elevation:555m


今日の出力はCinQoなので少し怪しいな。






  1. 2014/05/13(火) 21:33:56|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gau朝練開始

いよいよ今日からチーム朝練開始。
6時にショップに集合して1時間ほどの走行会が行われる。
その前にDVDをTSUTAYAに返却しに行って職場によって・・・少しバタバタ。


ショップには人、人、人・・・


定刻に出発。
郊外まではゆったりと・・・

s-DSC00643.jpg

キングの陰に見える1台、通りすがりの自転車ではない。

s-DSC00644.jpg

軍曹にお会いするのは大分久しぶり。


岩木川を越えてからキングがペースアップ。
ついて行くんだけど今日は何か凄く辛い。
昨日のダメージでも残っているのかな??
遅くまでジロ観ながら酒を飲んだのがいけなかったか??


先頭に出ても長く牽けずすぐ下がる。
そんな調子で宮地に突入。
そうそう、シーズン最初は神社コースだった。
人数も多いし、最初なんで緩やかな西目屋かな?と踏んでいたがハズレ。


上り口でバレーノさんがペースを上げて行ってしまった。
それに続くキングとZXRSな方。少し離れて私。
途中でZXRSな方をパスして行くも前2人との距離は縮まらず。
そうこうしているうちに後ろからI谷くんにパスされる。
I谷くん、そのままキングと合流。
速すぎるやろ!!


神社まで流して走って、そのままゆっくり総合公園まで上る。
すぐに折り返して神社にて休憩。
Kちゃんとパパ談義。

s-DSC00646.jpg

気持ちいいくらい晴れていて、岩木山がドーン!

s-DSC00647.jpg

今日集まった人達の一部。
全体はこの3倍くらい?


復路はバイパスで少し飛び出してみる。
下り区間に入って振り向くと反応して付いてきたのはポッチャリのみ。
下りでポッチャリ三連星を結成。
持てる力を遺憾なく発揮して逃げるも信号に掴まり呆気なく撃沈。


そこからも速いペースで回していく。
工業高校前の坂で旧ボーラがアタックしていった。


ショップが近付いてきた時、
談合によってI谷くんが私のスプリントのアシストになってくれることが決まる。
I谷くんを先頭に最終コーナーを回り、満を持してスプリント開始。
後ろから旧ボーラもスプリント開始してきた。CXR60の伸びが半端ねぇ~
列ばれかかったところでなんとか粘り勝ち。
大分危なかった。


ショップにてしばらく雑談をして帰宅。
午後に研修会に出掛けるまで、育児やら何やら。







実走のデータ

Time・・・・・01:34
Distance・・・41.59km
TSS ・・・・・108.7
Kilojoule ・・879kj
IF・・・・・・0.83

AvePw:180W NormPw:210W MaxPw:872W
AveHR:142bpm
AveSpd:26.3kph
AveCad:73
Elevation:437m






  1. 2014/05/11(日) 19:18:43|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凍えて時短

昼過ぎまで仕事。
その後、時間が勿体ないので自転車を車に積んで大鰐まで移動。
碇ヶ関方面、軍馬平を走ることにする。


家を出た時は外気温が暖かいと感じていたのだが大鰐に着いてみると意外と寒い。
ちょっとまずいな・・・と思いつつ出発。
まずは大鰐から山側の道を抜けて碇ヶ関へ。
緩やかに上って行くコースで車通りも少ない。


自然な感じで回して200Wを超えるようになってきた。
順調に筋力が付いているようだ。


碇ヶ関の道の駅からR7に入り軍馬平の上り口まで移動。
今日はフォーム重視で上る。



____________


軍馬平:25'18、7.99km、267W、173bpm、75rpm、18.9kph


最初の勾配がきつい所はインナーで、それから中間地点くらいまではアウターで。
それ自体に特に意味はない。
アウターで行けるところはアウター、きついところはインナー。
とにかくフォームと動作を丁寧にという感じ。


終盤2kmの急勾配区間はきつい。
全体として前半の緩い部分は240Wくらい、
後半の急勾配区間は280~300Wくらいで上っていた。


結果的に前回上った時の出力と同等でタイムは1分遅い。
勢いがある自転車に継ぎ足すようにして出す出力と、
勢いの死んでいる自転車を引き上げるために出す出力の違いといったところだろうか。
今回は後者。


上り終えてすぐに下る。
が、寒い・・・
下り終えるまでに身体が冷えきってしまった。
手もギシギシした感じで上手く動かない。
2~3本上る予定だったが断念。
碇ヶ関側から大鰐に戻ろうと思ったがそれも断念。
最短ルートで大鰐に戻り、温泉浸かって暖を取る。


中途半端に終わってしまった。


明日は朝練に参加して、その後10時くらいまで走るかな。
その後は会合に出席する予定。





実走のデータ

Time・・・・・01:26
Distance・・・37.62km
TSS ・・・・・114.4
Kilojoule ・・878kj
IF・・・・・・0.89

AvePw:197W NormPw:225W MaxPw:484W
AveHR:144bpm
AveSpd:26.0kph
AveCad:72
Elevation:644m






  1. 2014/05/10(土) 19:37:25|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相馬を探索

16時半スタートで軽く走りに行く。
今日は追い込む感じではなく淡々と走れたら良いと思っていたので行ったことのない道へ・・・
相馬村を奥へ奥へと走っていく。


どこからともなく農道に入り、リンゴ畑の中を走っていく。
前に目屋に向かう道からリンゴ畑へ逸れた時同様、短いが15%とかの上りがバンバン出てくる。
行ける限り行ったらどうなるものか??

s-IMG_5183.jpg

こうなった・・・


引き返して別の道へ入る。
しばらく舗装路を走って行くと・・・

s-IMG_5010.jpg

こんな道になったり。
それでも突っ込んで行く。
きっとどこかに繋がるはずさ。

s-IMG_9884.jpg

やがてこんな絶景ポイントに行き着いた。
しかしどこかはわからない。
追い込まない日は知らない道を行くのが面白い。
こんな所があったのか?・・・と小さい感動が待っている・・・かも。


更に奥へ奥へと進む。
結構奥地に来たようでも回り道しているからそうでもないんだろう。
ポツポツと集落も点在している。

s-IMG_8652.jpg

再び舗装が途切れた。
相馬林道という大館方面まで山を越えて走るルートのようだ。
MTBだったら突っ込んで行っただろう。
ロードじゃ厳しい。引き返す。
引き返す途中に目屋方面に抜けるっぽいルートも見つけたが、どう見ても荒れていそうだったのでパス。
思っている道で合っているなら名坪平に抜ける県道204号だろう。


相馬の中心部に戻りもう少しだけ徘徊して帰宅。
なかなか楽しかった。
練習ではいつも同じルートばかりだけど、たまには新規開拓も良いもんだ。
使えそうな道に当たることは少ないが・・・






実走のデータ

Time・・・・・01:49
Distance・・・44.67km
TSS ・・・・・112.7
Kilojoule ・・947kj
IF・・・・・・0.78

AvePw:170W NormPw:197W MaxPw:??W
AveHR:128bpm
AveSpd:24.4kph
AveCad:68
Elevation:605m






  1. 2014/05/08(木) 21:35:54|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山トレ未遂

あの津軽半島1周から中1日。
今度は山トレに行くべく朝準備する。
メンバーはキング、I谷くん、私。


半袖半パンジャージにウォーマー、ウィンドブレーカーという装備で家を出た。
・・・が、完全に今日の気温を舐めきっていた。
最近ずっとこんな出で立ちなのだが、今日はまずかった。


ショップを出てまずは石川のコンビニに向かう。
ここで補給食を買っておかないと山に入ってしまうと何も無い。
道中は横風、向かい風。
ショップで出発を待っている間に身体が冷えてしまったのか動きが悪い。
それとショップで全員同タイミングでガーミン起動させたのが良くなかった。
心拍の数字がおかしな事になっている。
レース会場でもやりがちな事故だ。
最近だとパワーメーターも複数検知してしまったりするな。
・・・と、まぁこんな感じで心拍数は250くらいになったりしていた。


コンビニでおにぎりとパン購入。
おにぎりはその場で食べる。


いよいよ上り。
今日の相手2人は上り向きな人達なので大変なことになりそうだ。



____________


軍馬平:24'22、7.98km、265W、175bpm、81rpm、19.6kph


上り始めは良いように感じたが、すぐにダメだと悟る。
やはり一昨日のTSS500超えのダメージはでかかったようだ。


前半の勾配の緩い区間は何とかついて行けたが、勾配がきつくなり始めると徐々に遅れ出す。
途中で流そうかと思ったが一応最後まで頑張った。
今年初の軍馬平タイムを2秒だけ更新。
更新出来ただけマシかな。


頂上ではほぼ虫の息。
ウィンドブレーカーを羽織って下る。
途中、道路が崩れている所があったりするので注意だ。


下り終えて温川方面へ・・・
軍馬平で激しく終わってしまったようで緩い勾配がきついこときついこと。


葛川の自販機前で休憩。
強風、低気温、連日の疲労の中、皆の気力が激しく低下。
何となく引き返す方向で話が纏まる。
正直、助かった。


葛川から虹の湖までは頑張ってみた。
先頭をガシガシ牽いてみる。
途中でI谷くんが前に出たのだがこれが強烈で付けず。
今年のI谷くんはど偉い速い。GW期間中に1300kmも走った変態だ。夜はモンスターを狩っているらしい。


時折強烈に吹いてくる向かい風に苦しみながら後を追う。
虹の湖チョイ手前で追いついたが、彼は脚を緩めていたことだろう。
キングは脚が終わったらしい。帰ってからモンスターを狩るらしい。


黒石のルグレにてランチ。

s-IMG_8670.jpg

意気消沈した男達はピザを食らう。
皆ででちょっとずつシェアする仲良しだ。
久しぶりにルグレに来たが美味しかった。


ここからの帰り道は更なる暴風。
くたびれた。


ショップでしばらくコーヒーをいただきながら談笑して帰宅。
明日は走ったとしても回復走だな。


キング、I谷くん、ありがとうございました。
今度、山トレリベンジに行きましょう!






実走のデータ

Time・・・・・02:52
Distance・・・73.37km
TSS ・・・・・181.9
Kilojoule ・・1611kj
IF・・・・・・0.79

AvePw:177W NormPw:200W MaxPw:561W
AveHR:??bpm
AveSpd:25.5kph
AveCad:75
Elevation:911m






  1. 2014/05/06(火) 18:52:41|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

津軽の空の下

5時起床。寝起きの体重は72kg、いつも通り・・・
6時半スタートで津軽半島1周の旅に出た。
時間ちょっと前にショップに行くと別動隊の面々も多数。
そんな中、キングと私は青森方面へ向け出発。


青森までは追い風に乗ってそこそこのペースで走る。
四手維持か女利も若干早く野木和公園のローソンに到着。
ここで花さんと合流。
朝食を摂らずに家を出た私はここでおにぎりを3つ食べ、アンパンも買っておく。


ここから蟹田までは強烈な横風。
横風の中を花さんとローテ。
止めとけばいいのに頑張ってしまう。
それにしても花さん強えぇ~


これまた予定より早めに蟹田到着。
ここで車移動組と合流。

s-DSC00621.jpg

K池さん、K西さん、パリの空の下Tさん、Tさんと一緒に来られた女性の方。


蟹田からはやまなみラインを西に向け移動。
緩やかな上りを越えるのだが向かい風が酷い。
合流組が走り始めということもありペースはまったり。

s-DSC00623.jpg

s-DSC00624.jpg

北海道に向けて着々と伸びていく新幹線の線路。


途中の駐車帯で小休止。
ここで花さんとお別れ。


下り基調のところから先頭に出る。
風が強すぎて300Wくらいでも20kph台前半。
先が思いやられる。

s-DSC00625.jpg

途中に山王鳥居を発見。
ということはアレだ、そういう施設がかつてあったんだろう。
この辺で見掛けるのは非常に珍しい。


道の駅で休憩して竜飛岬を目指す。
連休中なので他府県ナンバーの車が多数。

s-DSC00626.jpg

強風のため波が凄い。

s-DSC00629.jpg

いよいよ上り区間まであと少し。

s-DSC00631.jpg

これから始まる地獄に一行は着々と進んでいく。


計測開始地点がいまいちよくわからなかったが、
今回はとりあえずゲートを過ぎて少し下って上り始めるところから計測開始。



____________


21'48、5.35km、281W、181bpm、70rpm、14.7kph


急勾配区間で強烈な向かい風が襲ってくるのには参った。
途中までキングと走る。
九十九折りのインベタをダンシングで駆け上がるキング。
きつすぎるので外回りのラインを取って回避する私。
比較的勾配が緩い区間はいいのだが、急勾配で離される。
39-21までしかないキング。36-25で辛すぎる私。


まぁ思いの外上れていると思っておこう。
残り400mくらいでこっそり近付いていって差そうと思ったがばれた・・・
何とか2着で登頂。

s-DSC00632.jpg

九十九折りって良いよね。
何かツールとかジロのコースみたいで・・・
上ってる時はきついけど、上り終えて見下ろすと快感。

s-DSC00633.jpg

良い天気だ。
風さえなければ・・・

s-DSC00634.jpg

最近師弟関係を結んだ2人も上ってくる。


少し休憩して竜飛岬まで。
ここからの下り、70kphくらい出てる時に強烈な横風で前輪持ってかれそうになる。
RXRSは正面の空力は良いのか知らんが、真横はダメだ・・・持っていかれる。
でも飛ばす・・・体重があるから多少は大丈夫。

s-DSC00635.jpg

竜飛岬ではまっすぐ立っていられないような風。

s-DSC00637.jpg

行かなかったけど階段国道。


ここからは横風やら追い風やらの中を昼食会場まで移動。
30kmくらいあったかな??
この辺りはあまり走ったことがないのでコースもうろ覚え。
思った以上にアップダウンがあった。


追い風に乗って先頭を走っていると気がつけばパリの空の下Tさんと2人だった・・・
しかしTさんも走るの上手いな~、見習わないと・・・

s-DSC00640.jpg

昼食会場、旅路ではたまたまキャンセルであまっていたウニ丼をゲット。
でも疲れすぎていて淡々と掻き込んでしまった。


昼食後は蟹田へ向け南下。
横風だったがどうにかやり過ごす。
蟹田で皆さんとお別れ。ありがとうございました。


ここからキングと2人旅。
まだ後60kmくらい残っている。
車で帰る人達が羨ましかった。


蓬田を少し過ぎたあたりでキングがハンガーノックのため離脱。
ここからの記憶はあまりない。
ただ辛かった。
辛いけど走った。走るしかなかった。
ようやく帰宅。少しの間咳が止まらなかった。


何だかんだでそれなりに走れている気がする。
去年までとは全然違う。
走り方を変えるとこれほどまでに違うのか・・・という感じ。
終盤まで脚が残るようになったのは大きい。


後は無駄な脂肪を削ぎ落として・・・これが難しい。


一緒に走って下さった皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。







実走のデータ

Time・・・・・08:30
Distance・・・236.15km
TSS ・・・・・510.3
Kilojoule ・・4844kj
IF・・・・・・0.77

AvePw:175W NormPw:195W MaxPw:??W
AveHR:144bpm
AveSpd:27.8kph
AveCad:75
Elevation:1692m







  1. 2014/05/04(日) 21:12:22|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。