北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイクとラン

1週間ほどバタバタとした期間があったが今日で無事終了。
手の怪我も抜糸が終わって順調に回復している。
抜糸も5分も経たず終わったし、家でやっても良かったくらい。
2時間半ほど待った。


今日は夕方に2時間ほど走る。
西目屋まで行って大秋上って総合公園経由で戻るコース。


湯口までは農道経由でゆったりと。
湯口からビーチ西目屋までは200Wほどのペースで動きを意識しながら。
それでも結構疲れた。
前回のショップ朝練からサドルを下げて少し後退させた。
今日走ってみた感覚としては良好。


西目屋で少し休憩して大秋。
役場前から計測開始。
サイコンは見ずに感覚重視でいく。


__________


大秋:6'39、1.63km、289W、176bpm、73rpm、14.7kph


上りが非常に辛い。
自己ベスト的には2013年に5'45、347Wで上っているようだ。
何とか頑張り続けたらそこまではいけるんだろう。


大秋からは流し気味で総合公園横の上りまで。
上りは8割くらいの感じで。


__________


総合公園横:8'37、1.79km、252W、171bpm、63rpm、12.4kph


8割と言いつつ、実のところは全力で行く脚が無い。
直線的で先が見通せるので精神的に辛い上りだ。
こちらは2012年に6'38、324Wというのが残っている記録としてはベスト。
鍛え甲斐があるね!


総合公園からは神社まで下って、弥生経由で少し遠回りをして帰宅。


家にはニューアイテムが届いていた。

20140926232730fe9.jpg

ビブラムファイブフィンガーズ
足裏感覚を養って、筋肉の活性化に繋がることを期待。


夜に早速履いて少し走ってみた。
シューズの厚みがほぼ無いのでアスファルトに出るまでの砂利道がちょっぴりきつい。
アスファルトでも路面の感覚がすごく伝わる。
私が買ったモデルは薄手のインソールが入っているモデル。
通常版?はインソール無しっぽいのでどんだけ薄いんだ??
走っている感覚としても普段履いているシューズとは全然違う。


フォアフットで着地することを意識して走るのだがこれまた疲れる。
しっかり足のケアしないと足底筋膜炎にでもなりそうな感じだ。
とりあえず初日なのでゆっくりしたペースから走り始める。
コースはいつもの1周3.3kmほどのコース。それを1周のみ。
何となく使ってみて思ったのは、いつも終盤になると大腿四頭筋が疲れてくる感覚があったのだが、今日はそれが無かった。
まだたった3kmちょっと、時間にして20分も走っていないので何とも言えないが・・・
これもしばらく経過を見よう。
ただ、面白いアイテムではあるな。







実走のデータ


Time・・・・・01:58
Distance・・・51.0km
TSS ・・・・・139.7
Kilojoule ・・・952kj
IF・・・・・・0.84

AvePw:163W NormPw:196W MaxPw:703W
AveHR:144bpm
AveSpd:25.9kph
AveCad:73
Elevation:651m







スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 00:21:26|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脚いわしかけた

今日はGau朝練の日。
買ったものの使っていないアクションカムを使いたかったので参加。
ところが朝イチでハプニング。
目覚ましの設定時間を1時間間違えて痛恨の寝坊。朝練開始30分前。
一瞬諦めかけたが気を取り直して準備。
結果、5分前にショップに到着。
目は全然覚めていない・・・


イベントが重なっているのと、もう寒いのとで一時に比べ人数も減少傾向。
とりあえず第一集団にくっついて走って行く。
城西大橋辺りから早くもペースが上がり始める。
プチ軍曹とT橋先生がグイグイ行く。
後を追うのだが何か自転車が進まない。
体力がないのもあるが、それ以上の何かを感じる。
アクションカムの撮影もむなしく単独走気味に・・・


宮地も全然上れない。
この辺りから左膝の外側が痛み出してくる。
サドル高過ぎだなコレ・・・
神社にてサドル高を少し下げる。


復路は少しマシになったがまだ違和感がある。
こりゃいかん。
脚をいわしかけている。
だましだましショップに帰還。
ラストのスプリントはコーナーで差を付けたんだけど、そこからの脚が無くてズブズブ・・・
前回も同じパターンでやられたな。


朝練後はショップ前で雑談に興じる。
興じること1時間ちょっと。
話は尽きない。


家ではセッティングの見直し。
ADAMOにして大分高くなってたなコレ。
たぶん良い具合の辺りまで下げた。要テスト。







実走のデータ


Time・・・・・01:09
Distance・・・32.19km
TSS ・・・・・89.9
Kilojoule ・・650kj
IF・・・・・・0.89

AvePw:182W NormPw:215W MaxPw:761W
AveHR:147bpm
AveSpd:27.9kph
AveCad:75
Elevation:239m







  1. 2014/09/21(日) 22:06:44|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローラー台

久しぶりにローラー台でトレーニング。


負荷装置を外して5分ほど回し、それから弱い負荷を入れながら30分ほど。
途中、買ったものの使う機会がないアクションカムで後ろから撮ってモニタリングしながら回す。
自分がどう動いているのかを見るのは面白い。
自分が真っ直ぐと思っているものがそうでなかったりする。


最後にもう1度無負荷で5分ほど。
意識付けのような40分間。








  1. 2014/09/19(金) 23:57:57|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1km追加

今日も夜ラン。
昨日より1km距離を伸ばす。
初日に比べるとマシになってきた。が、楽ではない。
ペースは1km5分ほど。
まぁ、まだまだ30分も走ってないんだけどね・・・


ちょっと走る時の意識も変えてみようと思って、5本指のシューズを発注。
これはちょっと楽しみ。


家では足を中心にトレーニング。






  1. 2014/09/18(木) 23:53:12|
  2. 筋トレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はラン

昨日は1日オフ。
今日は夜にラン。


コースはこの前と一緒でペースを上げて走ってみる。
走り始めは平坦で快調。
少し走って樹木のTSUTAYAに向かっての緩い上り坂が疲れる。


前回足に刺激を入れておいたからか、今日は幾分マシに感じる。
それでも自転車に比べて身体への負担がでかい。
ただ単にペースがわかっていないだけか・・・


この前が1km6分半くらいで、今日は5分弱くらいのペース。
この前と同じで4.2kmほどしか走っていないので約20分で終了。
少しずつ距離を伸ばしていきたいところ。


家ではコアトレを少々。
再び腹筋周りが強化されてきた。






  1. 2014/09/17(水) 23:54:27|
  2. 筋トレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再始動

今朝も通院。
包帯とって処置してもらったが順調に回復中。
最終的に絆創膏でも十分ですよ・・・と絆創膏貼って終わりになったが本当にそれで良いのか??
まぁ、それほど重傷でないならそれに越したことはない。


この前はしばらくランで・・・なんて言っていたが回復しているとなると乗りたくなってくる。
ローラー台でちょっとブラケット握ってみたら大丈夫そうなので実走してみた。
TTモードからステムも通常モードに戻す。


とりあえず1時間ほど走ろうと西目屋方面へGO!
もともと手にはほとんど加重していないので、悪路でガツンと突き上げが来るのさえ気をつけていれば問題なかった。
ただ、包帯を汚したくなかったので薄手の作業用ゴム手袋を着用してみたがこれは失敗。
蒸れ蒸れに蒸れた。


いつも以上に体幹で上体を支えて走る意識。
これを長く保てるようにしていかないと・・・


復路は風に乗って快適。
無事に家まで帰る。


家ではコアトレ。
少しずつ変化が現れているような気がする。





実走のデータ


Time・・・・・01:16
Distance・・・35.63km
TSS ・・・・・86.2
Kilojoule ・・683kj
IF・・・・・・0.83

AvePw:136W NormPw:192W MaxPw:474W
AveHR:136bpm
AveSpd:25.5kph
AveCad:76
Elevation:348m






  1. 2014/09/15(月) 22:08:08|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラン&コアトレ

今日も朝一から病院。
とりあえずは明日行って後は様子見らしい。


トレーニング的には夜に久々のラン。
1km6分半くらいのペースでゆっくり。
いきなりやって痛くならないように。
それでも慣れない運動はきついもんだな。


家に帰ってからはコアトレを少々。






  1. 2014/09/14(日) 23:45:25|
  2. 筋トレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪我

昨日の夜、割れたコップで手を切ってしまった。

s-IMG_2433.jpg

結構深く切れてしまって、夜間救急で縫合してもらった。
いきなりどぎつい画像で申し訳ない。
カラーはさすがにえぐすぎたので白黒。
これでもえぐいな・・・


この傷口に麻酔のために注射打つのが痛いのなんの。
結局麻酔しても縫う時結構痛かった。
手首上はもうちょっとで動脈くらいまでいっていたらしい。
くっつくまでしばらく掛かりそうだ・・・


下北ロング以降ちょっと自転車熱が高まっていた矢先、また自転車から遠ざかりそうな事態。
しかし・・・

s-IMG_6015.jpg

いや、惜しいけどさ・・・
とりあえずどうにか乗れないもんかと・・・

s-IMG_3043.jpg

手首を使わなきゃいんじゃね??的にTTモードにしてみた。
そのためにはステムが長すぎるので短いステムにして、更に少しハンドル高を下げる。
今日は試験的に40分ほど走ってきた。
まぁ、走れなくはないかな。


明日も少し試してみて、無理そうならランに切り替えだ。
明日は朝練に行ってみよう。
というか朝練あるのか??







  1. 2014/09/13(土) 21:01:16|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

下北ロング終わって

下北ロングの翌日は筋肉痛が至る所に・・・
それでも回復走がてら走っておこうと西目屋まで。
走ってみると意外と大丈夫・・・な気がしてつい踏みすぎてしまった。
筋肉が疲労している時の方が自分がどこを動かしているか感じやすかったりする。
そのせいか翌9日は激痛。より酷くなった。


しかしまぁ、筋肉痛の酷い箇所が左右でえらく違うもので、
右は腿の内側、内転筋関係か薄筋か縫工筋か・・・それらが集まってくる膝近くが痛い。
左は裏腿の外側、大腿二頭筋辺りが痛かった。
筋力とかいろいろ要素があるかもしれないが、そこがよく使われていたのかもしれない。
もっと臀筋群を上手く使っていきたいところ。


本日10日、筋肉痛が大分治まった。
午後に英国から荷物が届く。
先日プラチナ会員維持のために買い物をしたものの、「16円足りてね~ぞ、コラ!」とメールを頂いた某社。
仕方がないのでサドルを買ってやった。
紆余曲折を経て再びADAMOになった。
前回はATTACKというモデルだったが、今回はPODIUMなるモデルに・・・
サドルとはいろいろ移り変わりつつも1周して戻るものなのか??


早速サドルを交換。
付いているボントレガーのサドルと厚みが大分違うのでサドル高も調節。
その時、サドルバッグから何かが漏れ出していることに気付く。
下北ロングの時から入れっぱなしだったメイタンが破裂していた・・・


サドルバッグや中身を洗い、気を取り直して出発。
本日も西目屋コース。


改めて使ってみるとADAMOはやはり良い。
坐骨をガッツリ捉えてくれるからか安定感が違う。
骨盤周辺の筋肉からパワーを生み出せている気がする。
最近使っていたサドルでは知らず知らずのうちに骨盤がどちらか(私の場合左の可能性が高い)に落ち気味だったのかも。
それと骨盤を安定させる筋力が不足しているか、両方か・・・
動力を生み出す土台になる部分が安定していないと自ずとロスも増えるというもの。


前回ADAMOをやめたのは、内腿(特に右側)がサドルに当たりまくって痛かったからなのだが、
これは今回右の筋肉痛が酷い部位に関係があるんじゃないかと思う。
ペダリングの際に内転筋群が強く働きすぎるために、腿が内側に若干入り(内転)サドルの当たりやすかったのかも。
サドルにしっかり座れていない可能性もある。


確かに左に比べると右の方が腸骨筋が働いていない感があった。
腸骨筋が良く機能すると大腿骨は外旋するはずなので微妙にではあるがサドルに当たりにくくなるかもしれない。
それと大臀筋などが上手く機能しても外旋の効果がある。
なんてことを考えつつADAMOにしてみた。
しばらく必要そうなエクササイズをやりつつ様子を見てみよう。


ただ、今現在1番パフォーマンスのネックになっているのは心肺機能だな。
練習時間が少ないから当然といえば当然。
この前の下北ロングでも心肺がいっぱいいっぱいになって、動きがどんどん雑になっていった。
で、無駄な力が入りまくるから余計に心肺に負担が掛かり・・・の悪循環。


ちょっとこの辺を何とかしないといけないな~


それはそうと・・・
この前完走出来なかったのがやっぱり悔しすぎる。
今年やり残したことは今年中に片を付けたい。
近日リベンジ予定。
誰か一緒に行くかい??






実走のデータ


Time・・・・・01433
Distance・・・32.88km
TSS ・・・・・76.9
Kilojoule ・・547kj
IF・・・・・・0.79

AvePw:118W NormPw:184W MaxPw:813W
AveHR:129bpm
AveSpd:25.5kph
AveCad:69
Elevation:118m






  1. 2014/09/10(水) 21:55:40|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下北半島ロングライド

下北半島ロングライドに参加してきた。
昨年、同イベントの270kmコースに参加して、8時間ほど雨に打たれながら走ったのは今もトラウマだ。
今年は新設された310kmコースにエントリーしたので是非とも晴れて欲しいところ。


当日は予報では怪しい時間帯もあったがほぼ快晴。
雨が降った所もあったようだが自分が走る時間帯とずれていたので大丈夫だった。


時系列的に書いていくと・・・


前夜にビールを2缶ほど飲んで21時過ぎに就寝。
3時頃に起きようと思っていたが、酒の効果か熟睡して1時頃にバチッと目が覚めた。
そこから眠れなくなり、携帯を見るとテニスの全米オープンのテキスト速報。
錦織選手がイイ感じで先制している。
更に眠れなくなってしまった。
準備をしたりしながら経過を見守る。

s-IMG_5491.jpg

シマノのダンドリーバッグは便利だ。
もう売ってないのか??

s-IMG_2854.jpg

ジャージも準備したし、バナナなんか食べつつ。
ちょっと早いバナナだった。


そうこうしているうちに4時を回りホテルをチェックアウト。
フロントのおじさんは「え?こんな時間にチェックアウト??」的な感じだった。
まだ暗い中を市役所まで移動。
自転車を準備するのも真っ暗な中だ。


気温的にはそれほど寒くないのでジャージ以外はアームウォーマーを付けるのみ。
持参する補給食はフラスクにメイタン×5、スポーツ羊羹×3、パワーバー×2、ハニースティンガー×1、その他ジェル×2
ドリンクはCCDにジェルを1個ぶち込んだやつと水。


5時、第1グループでスタート。
このグループは青森のトップクラスが集結していてハイペースになること必至。
今更ながら大変なグループに入ってしまったと思った。
まぁ完走くらいは出来るだろう・・・と思っていた。


まずは近川までの15kmの道のり。
ほどほどに先頭交代を繰り返しながら巡行。
私はあまり牽ける力がないので短め・・・
そして舞台は第1の関門、冷水峠へ移る。


____________


冷水峠:13'49、4.29km、233W、177bpm、75rpm、18.6kph


周りの選手が普通に上っている中、大分必至に上っている私。
勾配がきつくなると遅れ、平坦に近くなると追いついていくという繰り返し。
苦しみながら頂上を通過。
下りは重い分加速が良い。
それでも花さんがペダリングもせずにスーッと抜いていく辺りはGOKISOのハブによるものなのか??


下り終わってR338に入ってからもハイペースは続く。
恐山の上り口近く、70km地点くらいまでの約80分、距離にして約45kmの区間は平均33.2kphで推移。
この間も先頭交代の際の微妙な加速とかでインターバル的にダメージが蓄積。
そしていよいよ恐れていた山に突入。


____________


恐山①:29'06、7.64km、207W、178bpm、72rpm、15.7kph


序盤はまだ集団付近にいたが、勾配がきつくなりだしてからは遅れる一方。
そしてなぜだかパワーが出ない。
この序盤にして終わりの近さを悟る。


下りで追いつこうにも姿見えず。
恐山ASにて合流。
そのまま次なる激坂へ・・・


____________


恐山②:10'30、1.81km、195W、174bpm、50rpm、10.3kph


終わりは訪れた。
勾配がガツンと上がるポイントでダンシングに移行した瞬間に腸骨筋が攣った。
そのまま動けなくなりかけたが持ちこたえる。
超低速で上り終える。


ここからはむつ市内に向けて一気に下る。
思いっ切り飛ばしたが全く追いつけず。
むつ市役所に到着したところで再合流。
最早いつでもリタイア出来る状態になってしまった。
まだほんの3分の1しか走っていない。


むつ市から脇野沢まで、再び集団で巡行。
但し向かい風つきだ。
先頭交代しながら進んでいくが私は限界だった。
O内さんが先頭を牽いている時、O内さんから一筋の蜘蛛の糸が・・・
それが2番手のバレーノさんに繋がって・・・というどうでもいいことが最後の記憶。
ここからはきつくてほとんど覚えていない。
バレーノさんが牽き終わり、私が先頭になるもやはりほとんど牽けず。
そのまま先頭を交代して集団から千切れた。
120km地点、川内辺りだっただろうか??
何の役にも立たず千切れてホント申し訳ない。
脇野沢ASか次の上りを上った辺りでリタイアかな??と思って走っていた。


脇野沢ASちょっと手前で三船監督がいる少数グループに追いつかれた。
私は脇野沢ASをスルーして上り区間に向かう。


____________


脇野沢からの上り:46'18、10.50km、129W、156bpm、62rpm、13.6kph


計測したのは脇野沢ASから最初の上り区間終わり(ちょっとした下りが入る前)まで。
脚はすぐに攣るわ、パワーは出ないわ。
こんな出力でも上れるのか??というぐらいの出力で上る。
真剣に頂上ASでリタイアを考えた。
それでもせめて大間までは・・・と意を決して下る。


ここからは地獄。
ひたすら一人旅。正確には川内から既に一人旅。
誰かがいても合わせるペースが作れる状態ではなかった。


ぬいどう食堂を過ぎてから?のちょっと勾配きつめの区間も悶絶。
脚が攣っても我慢して治まるのを待ちながら回すのみ。


ようやく願掛公園を越えて平坦路に・・・
その辺りの集落で強烈な脚攣り。
右が治まれば左、また右・・・
数10mおきに「あぁ~~~っ」と悶絶しながら走る。
途中左脚がビーンとなって動かなくなったので自転車から降りた。
自販機でコーラを買って少し休憩。
ぬいどう食堂辺りからずっとジュースが買いたかったのだがゴミ箱がない自販機ばかりだったので買うに買えなかった。
ASは水ばかりだったので味のある飲み物が欲しかった。


14時30分の大間の足切り時間に引っ掛かることはなく14時ちょうどくらいに大間到着。
ここからゴールまでは約100km。
19時がゴールの制限時間だからたっぷり4時間半ある・・・と思っていた。


大間を出てとりあえず大畑のASを目指して走る。
平坦を走っていても何度も脚が攣る。
もう大分前から補給するにも固形物は身体が受け付けない。
かといってメイタンがぶ飲みはカフェイン量的に危険。
何をエネルギーに走っていたかわからない。
体内の脂肪燃料か??


大畑手前、1kmちょっとの上り、普通に上れないのでクネクネしながら上っていたら後ろから三船監督。
「頑張って~」と声を掛けていただいた。


大畑ASで水を飲み尻屋崎を目指す。
この頃になると大分吐き気が・・・吐くものは無いのにおえっとくる。
吐き出すと黒い液体。
ん?と思ったがメイタンの残党だろう。


尻屋崎方面への分岐点に到達したが誘導の人がいない。
確か去年ここで曲がったよな~と思いつつ左折。
残りは50km・・・と思い数100m進むと誘導の人に止められる。
「時間なのでむつ市役所に戻って下さい」と。
何とここまで来てタイムオーバーとなってしまった。
15時30分過ぎの出来事。


仕方がないのでむつ市役所に向けて折り返す。
少し走ると主催者が道路脇に立っていて止まれと合図を出している。
止まってみると「尻屋崎に行かないの??」と。
いや、つい先程時間オーバーしてるから帰れといわれたと説明。
この様子だったら行っても良かったんじゃ??
まぁでも足切り宣告された時に、ようやく苦痛から解放されると思ったのも事実だ。


むつ市役所に戻っていたものの、足切りだからゴールのゲートを潜って良いものか分からず。
誘導の人にまたも「ゴールじゃないんだけど、良いの??」と質問。
どうやら良いようなので不本意ながらゴールゲートを潜る。
するとそこには三船監督。
同じく足切り仲間だったようで・・・足切りメンバーで記念撮影。


そこから完走してくる皆さんを待ちつつせんべい汁を啜っている時間が何とも切なかった。
完走していないのに完走する選手より先にせんべい汁啜ってる自分が情け無かった。


45人が310kmコースで出走して完走は10名ちょっと。
完走した選手は凄いの一言に尽きる。
その後、皆さんと少しお話しして温泉につかって帰路に。
長い長い1日が終わった。


来年は必ず完走するぞ!


少しだけ意見を言うと・・・
制限時間の設定が少しばかりおかしいかと。
三船監督も仰っていたが大間が14時30分なのに対し、尻屋崎が16時20分なのはいかがなものか?
距離にして70kmほどある。
それを1時間50分ではまず無理だろう。
そもそも、むつ市役所ゴールの制限時間が19時なのだから、尻屋崎は17時20分でも良いのでは??
30kmほどの距離に2時間40分も不要。
そうでないのなら、むつ市役所18時ゴールにすればいい。


尻屋崎関門が17時20分制限になるだけで完走出来た人の数は結構増えたと思う。
とはいえ今回は最初からそういうルールの下開催されていたのだから確認不足の私が悪い。
確認出来ていたところで時間内には間に合わなかった。


あくまで来年のための意見ということで・・・


一緒に走った選手の皆様
大会主催者の皆様
暑い中長時間誘導して下さった警備の皆様
ASの皆様
カンカン照りの中汗臭い選手と写真撮影をしてくれていたモデルのおねーちゃん・・・
ありがとうございました。







実走のデータ


Time・・・・・10:33
Distance・・・265.68km
TSS ・・・・・440.9
Kilojoule ・・4288kj
IF・・・・・・0.65

AvePw:124W NormPw:150W MaxPw:??W
AveHR:150bpm
AveSpd:25.2kph
AveCad:73
Elevation:3677m


10時間半走って平均心拍150って異常だな。





  1. 2014/09/09(火) 00:32:23|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。