北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CX練

ロードの最終レースもSHOWA CUPで終了。
オフに向けてCXに乗り換えたりしている。
当面の目標は岩木山のアドベンチャーフェスタ。
MTBのコースでどれだけ走れるか楽しみだ。


昨日は岩木川沿いのオフロードコースをグルグル。
オフロードは普通に走るのもなかなかしんどい。
そして、降りて担ぐという動作が意外と怖い。
飛び乗りも怖い・・・


今日は夜に公園をグルグル。
気温1桁で少し寒い。
走り始めればすぐ温まるのだが、温まるまではじっと我慢。
公園内の転んでも痛くなさそうな所で降りて担ぐ練習。
飛び乗りも練習。

new_IMG_3829.jpg

少しクリート調整しようとしたが工具を忘れた。
コンビニでビール買って帰宅。





スポンサーサイト
  1. 2015/10/29(木) 00:17:25|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SHOWA CUP 2015

土曜日に秋田入りしてSHOWA CUPに参戦。
交流会的なイベントに参加させていただくのは初めてだろうか。


今回の目的は2つ。
1つは、近く入院手術があるという妹とその子どもたちに会うこと。
もう1つはSHOWA CUPに参戦することだ。


前日に妹と合流して男鹿水族館などに行き、夜は秋田市内のホテルに宿泊。
体調が悪いわけでも何でもないので妹は元気だった。
子ども同士の交流会が出来てよろしい。
ただし天候がよろしくない。
SHOWA CUPは大丈夫だろうか??


翌日曜日、外を見ると雨は降っていない。
昨晩も安定の食べ過ぎで71㎏はかたいであろう我が体重。
ルートラボで見る限りアップダウンがやばそうだ。
ゴール前の上りが勝負を左右するであろうと予測。
それと風も強いな・・・あと寒い・・・身体が動くと良いが。


8時半頃に現地に到着。
誰もいない。おかしいなと思いつつ待つ。
8時50分、集合時間の10分前。まだそれらしき人たちが見当たらない。
あれ?と思い、もう少し奥に移動してみる。
ただ単に集合場所を間違えていただけという落ち・・・


受付の際も雨がパラついている。
IRPジャージにレッグ&アームウォーマーで・・・と考えていたが無理だ。
急遽上下とも少し暖かい物に着替える。
それでも少し寒いくらい。


今回の使用機材は、MadoneにZIPP202。
ここ数日、Madoneの方がよく走る感覚があったのと、上りがやばそうなので少し軽めのセッティングということで。
問題としては脚が1時間強もつかどうかだ。


定刻になりスタート地点へ移動。
今回は道路工事の都合で少し遠回りしてスタート地点に向かう。
この区間もアップダウン。
受付待機時間にダイナミックストレッチなどはしておいたので、しっかり動けるか確認しながら移動する。


スタート地点、コースの説明事項などを聞き、その後チャンピオンクラスからスタート。
5分後にノービスクラスがスタート。
今回私はノービスクラスにて参戦。
現状の力とチャンピオンクラスに連なるそうそうたる名前を見ると、とてもじゃないがエントリー出来ない。


いよいよスタートの時、これから1時間強の戦いが始まる。
最初の折り返しまでは、まぁまぁのペースで・・・とのことだったが速い。
1つ1つの上りなどを確認しながら走るが速い。
折り返してのゴールまでの上りは私にとってはきつめ。
やはり最後の上りが決め手になるなぁと・・・


いくつかあるアップダウンで少しずつ人が減っていくが、6人になってからは減らない。
メカブん、SHOWAのS原さん、同じくSHOWAで因縁のライバルK崎さん、山形のS藤さん、秋大のI藤さん、私の6名。


折り返してからの上り以外はアウターでいけた。
途中、往路最後の三段坂の最後辺りでインナーにしてみた・・・があまり意味無いように感じた。
とにかくラストの上りで力尽きないような塩梅で走る。
皆上りが強そうなのだ。
だがこれまで走った感覚としては上りで遅れそうということもなかった。
上りでは脚をしっかり持ち上げて、踏みの邪魔にならないように意識。
出来るだけ力の入力時間が長くなるように心掛けた。
その甲斐あってか、上りではススッと前に上がっていけた。
感覚としてはかなり上々だ。


折り返し前の上り頂上で皆が一息つくところ。
ダンシングで2、3踏みして加速してみたら少し離れた。
というものの、そのまま行ってしまえる力もないので下りで踏みすぎない程度に回して後ろと合流。
折り返してからの上りもペースが落ちないように先頭付近で走る。
でも6人パックのまま・・・


いよいよ2往復終わって、残すところは往路と折り返しての上りのみ。
メカブんがアタック気味に加速した。
このレース、メカブんは必ず何かやってくると思っていた。
ここは冷静にブリッジをかける。


膠着状態のまま三段坂に差し掛かる。
二段目の途中でメカブんのアタック炸裂。
かなりいい勢いで飛び出していった。
本人曰く、二段目と三段目を間違えていたとか・・・間違えてなかったら危ない勢いだった。
だがこのアタックでメカブん、S原さん、私の3人に絞られた。


3人で下って折り返し。
ここから4分ほどで勝敗が決する。
私、メカブん、S原さんの順で上る。
一度勾配が緩んで上り返したところでメカブん懇親のアタック。
何発もアタック掛けてくるメカブんの精神力が凄い。
しかし、私もここは譲れない。
離れかけたメカブんとの差を詰める。


ここでメカブんは失速したが、S原さんが上がってきている。
残りは200m程だろうか??
私が先頭で10m程空いてS原さん。
これ以上差が詰まらないように最後の力を振り絞る。
残り50m・・・勝ちを確信。
ガッツポーズでゴールラインを越えた。
久しぶりの個人優勝。
2011年の岩木山10kmクラス以来の勝利。
心の底から嬉しかった。


ゴールとともに脚も売り切れ。
駐車場に戻るのがひどく辛かった・・・


運営してくださったSHOWAチームの皆さん、参加された選手の皆さん、本当にありがとうございました。
来年はチャンピオンクラスで走れるように頑張ります。

new_スクリーンショット (16)



解散してからは、適当に見つけた温泉で汗を流し、再び家族と合流。
秋田駅では日本酒のイベントが行われており、参加したかったが泣く泣く断念。
妹と別れて弘前に向け出発。
従妹たちと遊び疲れたのか息子は帰りの車ずっと寝ていた。
秋田市は初めて訪れたけどなかなか面白かったな。また来よう。
その時はSHOWAのお店にも行ってみたいな。


とりあえず、今年のロードバイクでのイベントは終了。
有終の美を飾ることが出来て本当に良かった。
次は・・・総合公園のアドベンチャーライド。
何周コースにエントリーしようか悩み中。
走り終わったらすぐに関西遠征が待っている。










  1. 2015/10/26(月) 00:16:46|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神社まで

昨日は完全オフ。
今日は夕方に神社まで。


スタート前にRXRSからクランクセットを外してMadoneに移植。
ちょっと久しぶりにMadoneを使ってみたくなった。
クランクを付け替えた後はPMのマグネット位置の校正。
これをやっておかないとベクトルがおかしな方向になる。
あ、サイコンの台座も付け替えないと・・・
めんどくさ・・・もう一個買うか。
地味に高いのが嫌なんだが。


いざ出発。
風が少し強い。
城西大橋を下って茜通りを走っていてハンドル高が少し低いかなと・・・
そういえばだいぶ前(5月頃か??)に下げた気もするな。
茜橋で10㎜アップ。
走り出して、まぁこんなもんかと・・・


向かい風に苦しみながら宮地を目指す。
宮地ではお決まりの計測。
向かい風だしきついんだろな~

new_スクリーンショット (15)

お、向かい風の割には良いぞ。
それにいつもより出力が高いな。
RXRSでは久しく見ていない数値だ。
RXRSとMadoneでは、私の場合、Madoneの方が圧倒的に脚に来るイメージ。
踏みまくったときなんかはひどく疲れる。(ペダリングが下手糞ともいえる・・・)
同じような感じで走っていて疲労度がRXRS<Madoneとなるのは、RXRSが上手く力をいなしてくれているのだろうか。
もしそうだとしたら出力も若干逃げたりするのかな?
回し方さえ上手ければMadoneの方が速いのか??

201510202144306d5.jpg

神社で小休止。
ついでにクリート調整。
脹脛が張る感じがしたのでほんの少しだけ下げる。


帰りは三本柳経由で田代に下り、川沿いを追い風に乗って巡行。
今日は先日の岩木山HCで変に頑張りすぎたからか前腿が入りやすいな。
ちょっと修正しなければ。


家に帰ってスクワットや筋膜リリース。


SHOWA CUPはMadoneで行ってみよう。





  1. 2015/10/20(火) 22:30:44|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャレンジヒルクライムランニング岩木山 2015

昨日、チャレンジヒルクライムランニング岩木山に参加。
本来はランニングのイベントだったのだが、いろいろとあって自転車でも走れる枠が出来た。
6月の岩木山HCが中止となり上れなかった山に上るチャンスが出来たのだ。
・・・もっとも、6月は開催されていたとしても体調不良でとても走れなかったわけだが・・・


受付が4時半からなので3時過ぎに起床。
ところが・・・布団の中で目を開けたときに見えた天井が歪んでいる。
真っ直ぐに見ているのに視界が左から右に流れる。
あまりの具合悪さにもう一度寝ようかと思った。
前夜のワインが良くなかったのか??


まぁ準備をしながら様子を見ようと思い出発に向け動き出す。
1時間もする頃には少しマシになったので会場に向け出発。
指定の駐車場に着いたときはまだ真っ暗。
真っ暗な中、車のライトを頼りに自転車を組み上げる。
その間も吐き気がすごい。


気温は思ったより暖かかった。
下山用の装備をバッグに入れて受付場所へ移動。
受付を済ませ、ゼッケンをジャージに貼り付ける。


バイクの参加人数は少ないと聞いていたので、あわよくば1位ゴールを・・・と目論んでいた。
・・・が、エントリーリストを見るとフミさんの名が・・・オワタ。。。


5時25分、ランの方々に先立つこと5分、バイクのスタート。
まだ少し暗いのでゆっくり目のペースでスカイライン入り口まで走る。
少し下りを含んだこの区間が一番寒かった。


スカイラインに向けて右折。
いよいよ約9kmの上りの始まり始まり。

new_スクリーンショット (10)

スカイラインに入ってすぐフミさんが10m強先行。
手を伸ばせば届きそうな距離だが、追いかけると爆死すること必至。
マイペースに徹する。

new_スクリーンショット (11)

それでも最初1kmほどのデータを見てみると平均297Wと頑張りすぎている。
この区間では「このくらいで走り続けられるかも・・・」という幻想を抱くのだが、まぁしっかり後半タレてくると・・・


料金所まで来る頃にはフミさんは結構前。
それに私とF岡さんが続く展開。
何気にF岡さんがLOOK乗ってる姿は初めて見る。
しばらく抜きつ抜かれつ、接戦を繰り広げる。
スタート前にF岡さんのスプロケは23までだという話をしていた。
このまま接戦が続けば40~50番コーナーの区間で優位に立てるかもしれないと考えた。
そこまでは何としても離されない走りをする。


スカイラインはコーナー毎に番号が付いていて、全69コーナーから成っている。
番号を見るとだいたいの残りが把握できる。
走っている最中、この番号を見るのが良いのか良くないのか・・・
後半はもう少しだという気持ちが湧いてくるが、前半は心折れそうになる。


もうフミさんの背中は見えない。


中間にある給水ポイント。
ノーボトルで走っていたので水分を取りたい気持ちもあったが、これ以上苦しくなるのも嫌なのでスルー。
そろそろ始まる40番からのきつい区間に備える。
ギアは既にインナーローになっている。


40番から50番の区間は最早SFR状態。
ケイデンスは50台だった。
だがこの区間でF岡さんから先行することは出来た。
後ろを気にしながら走るが、差が時に少し開き時に少し縮まる状態。
苦しい時間が続く。
身体の動きが硬くなっていく。


きつい区間を越え、少し勾配が緩む区間に入る。
自転車の勢いが死んでいる。
そしてもう一度勢いをつけることも出来ない。
法面が石垣のようになっている区間に差し掛かる。
これが見えるとゴールも近い。
スタッフの方が時折立っていて応援してくれる。
応援があると意外と力も出るものだ。
最後ゴールにダンシングで飛び込んでいく。
フミさんから遅れること2~3分、どうにか2番手でゴールすることが出来た。


ゴール後はあまりの苦しさに地面に転がった。
いつ走ってもきついコース。
2年振りに上ったコース。

201510191428027ae.jpg

最高の天気で遥か向こうまで紅葉した山々が見渡せる。

20151019142801636.jpg

そして、たった今上ってきた九十九折りと岩木山の影。


バイクの選手が数名ゴールして来る頃にはランのトップ選手もゴール。
速いなぁ・・・
しばらく皆と会話したり写真撮ったりしながら下山の時を待つ。
下山の時間になりランの選手はバスで、バイクの選手は自走で下る。
下りは存分に景色を楽しむ。
夏の大会でしか上ったことがなかったスカイラインだが、秋のスカイラインもまた格別だった。


下山後はラーメンを食べたりして表彰式の時を待つ。
今回、バイクは計測無しという条件で走ったので表彰はランのみ。
走れるだけで幸せだった。


表彰式後はF岡さん&息子さん、U倉さん、A元さんで温泉につかって帰宅。
久しぶりに硫黄のきつい温泉に入って心地よし。
帰る前には売店でキノコを購入。
天然マイタケとか欲しかったけど、なかなか無いものかな??
大粒のナメコを購入。


帰宅して家族サービス。
早朝からの長い1日の終わり。


スタッフの皆さん、選手の皆さん、ありがとうございました。
久しぶりの岩木山を最高の天気の下走れて最高でした!!






new_スクリーンショット (13)

前半の数値

new_スクリーンショット (14)

後半の数値


タレている。
今回はフロント36、リア12‐25で走ったが、フロント34がいるな。
若しくはリアに28だ。






  1. 2015/10/19(月) 09:34:41|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ママチャリ耐久レース in 岩木山総合公園 2015

昨日、ママチャリ耐久レース in 岩木山総合公園に参加してきた。


朝6時半にコンビニ集合。
グミとカステラを購入。
それから皆で総合公園に車移動。


朝いちは雨が降っていて気温が低い。
急いで出てきたので防寒具とかいろいろ不足していて辛い。
会場にテント立てたりしてスタート時間を待つ。
持て余した時間でコーヒーを淹れる。
レース会場で淹れるコーヒーは美味い。


試走などもしてみる。
緩い上りを2~300mほど上り、あとは平坦か下り。
ママチャリと自重が重くて上りがきつい。
平坦はギアが回り切る。
上りをそこそこ頑張ってあとはペース維持な感じだな。


いよいよスタートの時。
チームメンバーはY島さん、部長、Jやさん、グライペル、私の5名。
この5名で4時間を耐えきる。


まずは部長が先陣を切る。
遠目に見ても上りのペースが他と違う。
そのまま先頭キープで走り続ける。


以降、Jやさん、Y島さん、グライペルと続いて私は5番手。
苦手な上りさえ耐えれば後は体重乗せるだけでいい。
ホームに入るころには回復しているという感じ。


ウェットコンディションなので、序盤はコーナーに気を使った。
特に裏の2連ヘアピンとホームストレートに入る直角。


普段のロードバイクとは違いサドルが低すぎる。
慣れるまで戸惑ったが、動作としては何ら変わらないので大丈夫。
上りもアップストローク時にしっかり重さを抜いてあげることで無駄に踏み踏みにならないよう意識。


青森のトミーと競ってた時は楽しかったな。


・・・で、全員で交替しながら122周走って優勝。
今シーズン、ようやく3位以外の表彰をゲット。
商品をしこたまいただいて皆で山分け。


チームの皆さん、ご一緒させていただいたガールズの皆さん、ありがとうございました。
たまにはママチャリも面白いですね!!





  1. 2015/10/13(火) 21:40:23|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

9月のトレーニング

低空飛行が続く。
由利本荘とSHOWA CUPは大丈夫だろうか??




9月の走行距離は、
総走行距離:495.56km

内訳
実走:464.56km
ローラー台:31.00km
ラン:0km
スイム:0km



総トレーニング時間:18.4h


内訳
自転車:18.4h
その他:0h



9月全体のデータとしては、

Total Time・・・・18.4h (0.61h)
Total Distance・・495.56km (16.51km) 
TSS ・・・・・・・1320.8 (44.02)
Kilojoules・・・・10241kj (341.36kj)


※括弧内は1日平均値





  1. 2015/10/11(日) 23:29:46|
  2. 月次レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

由利本荘以降

月曜日は完全オフ。
何してたか忘れた。


火曜日、ビーチ西目屋までTT走・・・のつもりが向かい風に心折られ8kmで死亡。
後は上げ下げしながら帰る。


水曜日、同じく西目屋までSSTとL5を繰り返すクリスクロス。

new_スクリーンショット (7)

そうそう、出発前に何だか行けるような気がしてハンドル高を5㎜下げた。
たかが5㎜、されど5㎜・・・きついわ。
上半身に無駄に力が入るな~。
たいした出力じゃないんだけど疲れる。


ビーチ西目屋で少し休憩して津軽ダムまで。
ゆったり走ってダムの坂だけ頑張る。

new_スクリーンショット (8) (2)

ハンドル低いのが辛い。
もうちょっと1㎜2㎜とかずつやっていったほうが良さそ。


帰りは相馬の澤田地区方面に抜けて帰る。
先日の雨で路面が荒れ放題。
杉の葉っぱはまだいいが、栗のイガイガも大量に散乱。
やばいかな?と思ったが、コンチなら大丈夫だろうとそのまま通過。
1kmちょっとの上りだと思っていたら2kmチョイあった。
すごく疲れて帰宅。


木曜日は暴風雨のためオフ。


今日、金曜日は岩木山総合公園まで。
今日は宮地のバイパス側を走る。

new_スクリーンショット (9)

向かい風ということもあってしんどい。
数値的には非常に物足りないな。
ホントはそのまま神社~総合公園と休まず行こうと思っていたが、バイパスだけで疲れた。
そして神社で休憩。
神社で下げていたハンドル高を元に戻した。


休憩後は総合公園に向けて再び上り。
ハンドル上げたら走りやすい。
ものすごくしっくりくる。
下げるにはもっとトレーニングが必要だ。


総合公園で折り返し。
追い風に乗って快調に家まで。
途中の米屋をチラ見したら青天の霹靂が積んであった。
ちょうど米が無くなるし明日買ってみるか。






  1. 2015/10/09(金) 22:38:58|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクルロードレース in 由利本荘 2015

日曜日、サイクルロードレース in 由利本荘に参戦してきた。
今回はミディアムとノービスにダブルエントリー。
しっかりとトレーニングしようと目論んでいた。


事前にエントリーリストを見る限りかなり強い方々が混じっている。
これは大変なことになりそうだ。
1か月近く前から練習をしてきたのだけれど、ここ1~2週間ほどは体調不良でがっくし。
とにかく千切れないように・・・が最低限の目標。


朝6時半頃に会場到着。
駐車場では隣がめかぶん、その隣がK西さん、その隣がF岡さんと知り合いだらけ。
雑談を交わしつつ自転車を準備し、筋膜リリースなどして身体が動くようにしていく。
それから受付を済ませて試走に。


ホームストレートはど平坦。海からの風も防風林などで和らぐ。
右折すると向かい風。若干下っているようだが、風の影響でわからず。
更に右折で海沿いの道。曲がってすぐに少しだけ上る。思いっきり横風を受ける。
しばらく横風を受けながら走って右に緩く曲がりS字状に走ると2連続右コーナーが現れる。
1つ目のコーナーは道幅も広く曲がりやすい。
2つ目のコーナーが完全に直角で、すぐ横が草むらになっており圧迫感がある。
そしてイン側の所に泥っぽい水たまりがあるのが気になる。
2つ目を曲がると300mほどでゴールだ。
1周で5kmのコース。


試走後に車に戻ってゼッケンなど付けてるとあっという間に招集時間。
開会式に出て、整列してレースの始まり。


まずはミディアムクラスから。
6周で30kmを走り抜ける。
レース開始直後はいろいろと様子を窺う。
目の前にケツの透けた男が現れる。めかぶんだ・・・
めかぶんの後ろをしばらく走る。
1周目はとにかくコーナーをどんな感じで抜けていくのかに集中。
割とゆっくりした感じで曲がっていく。


向かい風区間はペースが緩む。
海沿いに出たところの上りでグッとペースが上がる。
離されないように踏ん張るのが辛い。
上り切って少し行くとペースが緩む。
そういえば、海沿いの道は大きな水たまりがいくつもあって嫌だったな。
2連続コーナーに向けて加速し、コーナーで減速~加速・・・とお決まりのインターバルが掛かる。
前にいればいいのだけれど、前に出れないのよ・・・動ける脚が欲しい。


だいたいのコーナーは出口で加速するも少し走ると沈静化していた。
なんか無理に頑張らなくてもよかったんじゃないか?と思うが、そんな時に限って緩まなかったりすることもあるので恐ろしい。


2周目以降も特に動けるわけでもなく集団内でひっそり。
後ろからどんどん選手が上がってくるので、何もしないと気が付けば後方。
そしてまたインターバルが掛かるという弱者の定石に嵌っている。


3周目くらいから位置取りを気にしだす。
より楽に走りたい。
海沿いでは右側を走る。
あ、ドローンが飛んでる。


車載カメラの動画を観ていると、2連続コーナーに向けて速い人たちは一気に上げて位置取りをしているな。


話は一気に最終周回。
海沿いの2連コーナーへ向けて右折していく手前。
先頭付近に上がろうと風上からグイッと行った。
先頭付近まで来たのだが、逆サイドからもっと速いペースで上がってくる集団に飲み込まれる形に・・・
何かしようと思ったのが裏目に出たぜ・・・
結局20番手くらいで2連コーナー突入。
もはやレースは終わった。
これ以上追い込んでもリスクしかないので、2つ目のコーナーは安全に曲がる・・・とその時。
アウト側から曲がってきた選手がリア滑らして落車。
おっ・・・と思って見ると、ガウのS藤さんがジャックナイフ状態になっていた。
リアが滑った選手の前方にもう1人転がっている。
これで更に戦意が無くなり、あとは上ハン持って流してゴール。
S藤さんは歯が欠けてしまったとか・・・お大事に。


結局ミディアムは何もできないままに終了してしまった。
かくなる上はノービスでしっかり走るぜ。


計測チップを返却して、急いで車に戻りゼッケンの張替え。
それから会場に戻って雑談などしながら待機。
ビギナーのレースが終わって招集が始まる。
何やら各周回で3位くらいまでに通過すると名前が呼ばれるらしいという情報をキャッチ。
その時は、ふ~ん・・・という感じで聞いていた。


レース開始、ホームストレートをゆっくり目に走っていく。
向かい風区間になりググッとつまるところは同じ。
海沿いの道は少し斜め後ろからの風になったか??
海沿い半分ほど来たところで先頭に出る。
トレーニングのつもりで先頭をしばらく引っ張る。
そのまま誰も出てくる様子がないので2連コーナーを先頭で曲がる練習。


1つ目は道幅があるのでノーブレーキで踏みながら曲がれる。
曲がって後ろを少し見ると少し離れる。
2つ目もノーブレーキで曲がれる。
手前の水たまりと草むらの圧迫感が気になるがいける。
ただ単に巡行速度が遅いからかもしれない。
後ろを見るとまた少し離れている。
このまま先頭でゴール地点を通過だ!!


ゴール地点を通過して少し行き、先頭交代。
後ろまで下がらずに5番手くらいの所に入れてもらう。
向かい風区間を越え、海沿いへの右コーナーで先頭に出てゴール前まで先頭。
ゴール地点手前でF岡さんが飛び出していく。
これで動き始めるかと思えばそうでもない。
やがて追い始めたのは・・・同じガウの選手。
ガウが2人掛かりでガウを吸収する瞬間を目撃した。


海沿いは集団内で走り、2連コーナー前でダッシュして先頭に出る。
コーナーは再び先頭で。
ここでもマイペースで曲がって後ろが離れる。
これはそこそこ攻撃になるんでないか??
しかし、その後の踏ん張りが弱いのが玉に瑕。
3周目も先頭でゴールライン通過。
ポイント賞も何もないのにね・・・


最終周、肘をクイクイッとやって先頭交代を促す。
誰も出てこない。
あれ?見えてなかったかな??
もう1度クイクイッ・・・
おや??
かくなる上は大袈裟かつ丁寧に右手を差し出して・・・さぁお願いします。
誰も出てくれない・・・


海沿いに曲がるところでようやく交代、というかアタック。
ここで何人か出て行ったのでようやく後ろに着く。
すると早めのタイミングでP君がアタックしていく。
良い勢いで集団から一気に抜け出した。
これに誰か反応したら・・・と思ったら誰も動かず。
私は周りに選手がいて動けない。
あぁまた変な所に位置取りをしてしまった。
映像観てみたら、周りが一瞬反応しかけてグッと広がったんだが、私は中途半端に中に中に入って行ってしまっているな。


集団に埋もれたまま2連コーナー手前まで来た。
そこからダッシュして先頭付近までは来たが、コーナリングにはあまり上手くない位置。
2つ目に入るところで10番手以内。
そこから2、3人抜いてのゴール。
最後がダメダメだった。
今回のレースは位置取りの下手糞さが際立った。
こういうのもっと上手くなりたいな。


トレーニング的には負荷掛けれて良かったかな。
ノービスでは1周分は牽いたな。


次は岩木山で山トレして、25日のSHOWA CUPに向けて上げていきたい。
あ、ママチャリもあったな・・・







  1. 2015/10/05(月) 21:06:25|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜ロイヤル

今朝は爆弾低気圧の影響でひどいことに・・・
裏にある栗も落ちまくったし、葉っぱや枝もひどい。
1日通して強風だったので、落ち葉はエンドレスだった。


夕方、何やら朝行われるはずだった練習が夜に移行していることに気付く。
下北からの刺客、T野さんおもてなしライドだ。
夜は厳しいかなと思いつつ、嫁さんに恐る恐るお伺い。
奇跡的に参加できることになった。
20時にショップ集合なので、その前に筋膜リリースやダイナミックストレッチをして身体が動くようにしておいた。


定刻、ショップに集まったのはT藤さん、N海さん、A元さん、S藤さん、私、そして主役のT野さん。
6名で大鰐のロイヤルホテルの激坂を目指して出発。
7号線に出るまではゆっくり、7号線に入り道が広くなってから少しペースアップ。
思いっきり向かい風だ。


前日の暗門ライドのダメっぷりが記憶に新しい私は、とにかくしっかりついていくことと、ロイヤル坂で負荷をかけることを目標に掲げる。
そうそう、出発前にクリート位置を再調整。
そういえば暗門ライドの前にも弄ったな・・・


大鰐への道中はT藤さん、N海さんがメインで牽く。
途中S藤さんのアタック的なのがあったが、信号に引っ掛かるという残酷な最後が・・・
ICの所のサンクスで休憩するということで、ラスト数100mで後方を確認してスプリント。
ギアが少し軽すぎた。


サンクスにて小休止。

20151003003252aa3.jpg

この時、S藤さんは既にいなかったが、単独で軍馬平に向かったようだ。
ここからは5人旅。
サンクスを出て、大鰐に向け右折する信号まで私が牽く。
そこからロイヤルの入り口まではいまいち道を覚えていないので人任せ。
ロイヤルに来るのは4~5年ぶりかな。
昨日の暗門くらい久しく来ていない。
何故なら・・・激坂過ぎるのだよ。
少し緩むところもあるが、それ以外は13~15%くらいか。
今日も体重計ったらばっちり70㎏弱あったぜ。
途中で足着いちゃうかも・・・

new_スクリーンショット (6)

出だしからいきなりきついのだが、私以外の4名は快調に走っている。
メーターチラ見しても300W超えてるし、こりゃいかんとマイペース走法に切り替え。
少し遅れてついていく。
後ろから観察していると最強のクライマーT野さんと、われらがクライマーT藤さんがガツガツ競り合っている。
すごい勢いで行っちまった。


リフト乗り場前の20%弱の坂までは前にT野さんが見えていた。
勾配が勾配なもんで近く見えていてもタイム差ががが・・・
そこを越えて勾配が緩む区間になると多少体重を乗せて回せるようになる。
この区間で前を走るT藤さんと、N海さんに追いつく。
この時既にT野さんは見えなくなっていた。


勾配がきつくなると70㎏の自重が容赦なく襲い掛かってくる。
フォームもグダグダになるのだが、どうにか踏み踏みではなく回すことを意識。
T藤さんのペースがかなり落ちている。
下北のパンターニに・・・南無。


急勾配は苦しいものの、緩むと自重で少し加速。
そんな感じでT藤さんとN海さんから抜け出しに成功。
ここからは自分との闘い。
サイコンチラ見すると心拍数はかなり高いが、限界でもうダメ・・・というほどでもない。
いい感じに身体が動いている。
どこか一か所がパンパンに疲れているということもない。
昨日の暗門からの大復活。
T野さんは遥か彼方だが、何とか2番手で登頂完了。

201510030032518d1.jpg

こんな真っ暗な中上ってくるなんて・・・
おかしな人達もいたもんだ。


ロイヤルの頂上は風が強かった。
そして寒い。
しばらく休憩してササッと下る。


下って、再び7号線に戻ってからT野さんの引きずりが開始された。
下ハンダンシングで40kphオーバーで走り続ける。
それに対抗するT藤さん。
由利本荘の演習にちょうどいい・・・シメシメ・・・と私。
時折、T藤さんがアタックをしようとするも封じられ。
しかし、その都度ペースも上がるという感じ。
そんな中でも速度的には対応できたので、暗門の悪いイメージを払拭し、良いイメージを植え付けることができた。
つき位置ですが・・・


最後はペース落としてショップまで。
少し雑談を交わして解散。


皆さん、ありがとうございました。
良い練習が出来ました。
またお願いします。





  1. 2015/10/03(土) 01:19:01|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレーニングは計画的に

ここしばらく体調を崩し気味。
由利本荘に向けてインターバル的な練習を取り入れていたのだが、これまで積み上げも何もないのに急激に強度を上げすぎたのだろうか。
もうちょっと段階的にやっていかなければ・・・
ということで、1週間ちょっとで自転車乗ったのが50分弱。
振出しに戻る。


今日は久しぶりの実走。
行先は暗門。
ダムのトンネルまでは行くものの、暗門まで行くのは4~5年振りだろうか?
久しぶりに行ったトンネルの向こう側の景色は、以前のそれとは大きく異なるものだった。
っていうか昔はどんなだっけ??
無くなってしまえば意外とあっさり忘れてしまうものだ。


走りの方は・・・
ただただきつい・・・


日曜は終わったな。





  1. 2015/10/01(木) 21:54:52|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。