北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カサーレ・ヴェッキオ

悪天候続きでなかなか自転車に乗れない日々・・・


今は焦っても仕方が無いのでワインでも・・・


今日はファルネーゼの「カサーレ・ヴェッキオ」


カサーレ・ヴェッキオ



前にも書いたように、
ファルネーゼは宮澤選手が今期所属しているチームのスポンサー。


そのことが頭の片隅にあって購入した、
ワインにはまるきっかけとなったワインが「エディツィオーネ」だった。


しかし、思い起こしてみると、
ワインにはまるまでは行かないまでも、
「エディツィオーネ」よりも数ヶ月前に気まぐれに購入したのが「カサーレ・ヴェッキオ」だった。


もっともその時はファルネーゼというブランドなんて知りもしなかったが・・・
なんともファルネーゼには不思議な縁を感じる。


この「カサーレ・ヴェッキオ」は、
通常1本のブドウの樹に8房の実をつけるところをわざわざ剪定して2房に限定しているそうだ。


剪定された6房分の栄養が2房に凝縮されているお陰なのか、
このワインはとても濃厚だと思う。


最近いろいろ飲んでみたボルドーワインに比べ、
かなり力強いものを感じる。(いいワインを飲んでないだけなのかもしれないけど・・・)


最近飲んだボルドーワインで、
飲むタイミングというか・・・開けてからの時間というか・・・
そういうものによってかなり感じる味が変わるもんだと感じた。


開けてしばらくして、
「あっ、香りが広がる・・・」ってタイミングもあれば、
少し経過して、
「あれ??さっきまでの美味しさが・・・」って感じたりする。


そう思えばこの「カサーレ・ヴェッキオ」なんかは、
割とタイミングを選ばないというかなんというか・・・
ボルドーのものより初心者でも取っ付き易いのかもしれないと思った。


あくまで素人主観ですが・・・


ブドウの品種だとかヴィンテージだとか、テロワールだとか・・・
そういうものを感じるための知識も経験も技術も無い今の自分にとって、
このワインは付き合いやすい気がします。


















関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/02(水) 23:30:44|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1週間ぶり | ホーム | 2月の走行距離>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/25-4db21599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。