北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツール・ド・草津 ~雑記~

16日の昼頃に草津に到着し、
その足で受付を済ませ宿探しへ向かう。


受け入れてくれたのは「アライ・ペンション」さん。

雑記

ちょっと写真が斜め・・・


年配のご夫婦で営まれているこのペンション。
店主の暖かい応対で大会前日を気持ちよく過ごすことが出来た。


宿が決まったところで早速コースの下見に・・・


ゆっくりとコースを確認しながら上る。
前日でも結構なペースで上っている人もいたが、
自分の場合あれをしてしまうと次の日が終わってしまうのでしない。


試走できたのは殺生のゴール地点まで。
全体の約半分のところ。

雑記

こんな感じの景色。


ここより上のコースはゲートが閉ざされており入れない。


そのゲート付近にはこんな看板が・・・

雑記

これは危ない・・・
この区間はスピードを上げなければ・・・(笑)


試走を終えてからは自転車でちょこっと観光。
といってもただ通り過ぎる程度。

雑記

湯畑にて

雑記

温泉好きには堪らない。


その後は宿に戻って夕食を摂り、
ゼッケンをつけたりと細かい準備をしてさっさと就寝。


17日、レース当日。


駐車場でアップを済ませ荷物を預けに会場へ・・・

雑記

すごい人数だ・・・
こんなに多くの人が参加するレースにエントリーしたのは初めて。


今までは蔵王の800~900人くらいのレースが最高の人数だった。


全てが猛者に見える・・・
一人で遠征してくるとこういう時に会話して和んだりすることが出来ない。


逆に集中できて良い時もあるけど、やっぱ恐い・・・


この後レース開始前のトイレ大行列に参列。


その後のレースについては昨日の通り。


ゴール後にガクガクブルブルと痙攣する脚で荷物をもらいに行く。


第3陣くらいの下山グループに列んで下りることに。


その間も選手が次々にゴールしてくる。

雑記

写真はゴール直前の道幅が狭くなるところ。


自分はここがゴールだと思ってスプリントを止めたらもうちょっと先に計測ポイントが待っていて、
思いっきり惰性でゴールしてしまった・・・


ほんのちょっとだけどタイムロス(笑)


下りながら見る景色はほんと最高だった!!


出来ることなら立ち止まって写真を撮りたかったが、
レース前の注意事項で止められていたし、
下ってくる選手達の障害物になってしまうと競技中の選手や下ってくる選手に危険を及ぼす可能性があるので諦める。


そのかわり走りながら何枚か・・・

雑記

これも危険な行為だけど・・・(汗)


山のワインディングロードがこんなに美しいと思ったのは初めてだ。


来年またこの景色を眺めに来たい。
今年以上の実力をつけて・・・


下山後は大会本部で完走証をもらいウェブでリザルト確認。


リザルトが出る早さに感動。


今までは大体どこの大会もレース後しばらくしてから徐々にリザルトが掲示されていき、
大勢の人だかりの中ようやく自分のリザルト発見・・・てのが当たり前だった。


こんなシステムがあるんだな~


ウロウロしていると下山してきた宇都宮ブリッツェンの栗村監督を発見。


同じくその場におられた雑誌でお馴染みの絹代さんと一緒に記念撮影をお願いする。

雑記

良い記念になりました♪
栗村監督の解説・・・たまりません(笑)


この辺で表彰とかに全く縁がない私は大変失礼ながら会場を後に・・・


向かう先はお風呂。


疲れた身体を癒しに行く。


湯畑付近を徘徊しながら日帰り入浴できそうな、
かつ良さそうなところを探す。


ある一軒の旅館を選び日帰り入浴出来るか尋ねる。


「出来ますよ、1200円になります」


た、高い・・・


前日に7500円で宿泊して、
当日は1200円の風呂に入る・・・


せっかくなんだしケチなことも言っていられないので思いっきり楽しむことに。


風呂に入ってみると・・・無人。
誰一人お客がいない・・・


なんと小一時間風呂に入っている間、誰も入ってくることがなかった。


1200円で旅館の風呂を貸し切りだ!!


あまりにも誰もいないので・・・

雑記

こんなお風呂でした。
勝手に写真撮ってごめんなさい・・・


思いがけず草津温泉を思いっきり堪能してしまった!!


風呂でスッキリした後は、
一人車であれこれ反省しながら草津を後にした。








さて、これからの話・・・


冬場のトレーニング状況を確認するために今年一発目のレースとして草津に参戦してみた。


感触としては去年に比べ上りが小マシになった感じだろうか??


今回使用したのはコンパクトクランク(ヒルクラはいつもだけど・・・)


インナーが34で、リアは12-23。


23は最低限の保険とする予定で21までで何とか・・・と思っていたが、
蓋を開けてみると思いっきり23まで使っていた。


どうしてもきつい局面で軽いギアに逃げてしまっている。


次のレースに向けてこの辺を改善していきたいと思う。


もうちょっと重いギアを丁寧に回していく練習を始めなければ・・・



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/04/19(火) 00:03:21|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プティ・シャブリ・ステファン・ヴァンサン・ミシュレ | ホーム | ツール・ド・草津 ~詳細~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/51-408a53fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。