北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

練習とレースと・・・

GWに入りました。
明日(もう今日か・・・)の今季初レースのため宮城県に来ています。
このレースでいろんなことが試せたらいいなと思います。
試すほどの余裕もないかもしれませんが・・・


さてGWに入り気温も暖かくなってきたので、
これからチームとして複数人で練習に出掛けることも多くなると思います。
岩木山に向けての山トレとか・・・


そんな中、練習ってなんだろうか??と思うことがあります。
ここ数年で大会に向けて練習する人が増え速さのレベルが格段に上がったと思います。
それに伴ってコンディションの差、コースレイアウトの得手不得手などが大きくなってきました。
大柄な選手だと上りが・・・とか、その逆もまた然りです。
そういった脚質的なのものや耐性が異なる複数人が一緒に練習をする時、何を考慮しなければならないのでしょうか?


例えばこれまでの山トレで考えてみると、
上り区間に入った途端に上りが得意な選手がバーッと先行して出せるだけの出し切って頂上でオールアウト。
そのまま最後の人が上って来るまで休憩。
全員揃ってほどなくしたところで出発。
次の峠も同じ感じ・・・
という内容だったと思います。
私自身そういう走り方をしていましたし・・・


で、私の場合どうなっていたかというと、
2つ目くらいのまでL5くらいの強度で上っていたのが、
やがてL4になり、最後にはL3で何とか・・・というペースになり・・・
といった感じがほぼ毎回でした。


平坦走にしても集団のペースはほぼ先頭を引っ張っている人のノリで決まっている感じです。
そのノリに対応できる人は留まり、そうでなければ千切れてしまう。


そこで何を考慮すべきか??ということなのですが、
まず最優先事項としてその日の集団としての練習の目的をはっきり決めるべきだと思うのです。
レースペースなのかLSDなのかインターバルなのか・・・距離に応じて内容も自ずと変わるでしょう。
その最優先事項があった上で個人として取り組みたい内容があれば取り入れる。
それには少しの工夫と配慮があれば十分可能なことだと思います。


例えば集団としてLSDをやっている時に負荷を掛けたいのであれば、
集団から1分ほど遅れてスタートして追走、
10〜15分とか負荷を掛けたい時間が過ぎても追いつけていなかったら先頭がペースを緩めて待ってあげる。
これだけのことでもLSDの中に個人練習を含めることが出来ます。


上りであれば先頭はL4キープ、頂上に着いた時点で最後尾までUターン。
とにかく頂上でオールアウトせずにその分、量でカバー。
そして最後の峠まで出力をタラさず一定キープを心掛ける。
ということもできると思います。


たぶん、私は今、面倒臭いことを言っていると思います。
お前が言うなという意見もあるでしょう。


ただ、考えているのは、
一部の人だけが参加し易く、
その他の人にしてみたら参加を躊躇うような練習会にしたくないということです。


人を引き千切る走りはレースかレースペースで走る日にやればいいんです。
そうでない日は先頭は最後尾を意識して走るのがいいんじゃないかなと思います。
最後尾がエースだったとしたら先頭が引き千切ってしまったらアシスト失格です(笑)


まぁ偉そうなことを言う訳でもないので、
(・・・って、偉そうでしょうか? でしたらすみません)
あくまでひとつの提案です。


少なくとも私が企画する練習会に関しては何らかのルールを設けて、
出来るだけ参加し易く、皆が満遍なく練習出来るような内容を考えて行きたいと思っております。


以上、深夜の戯言でした。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 04:47:11|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<SUGOさくらスプリントカップ2013 | ホーム | 久々ローラー>>

コメント

全く同じです

レースお疲れ様でした。
平均ワット、かなり出てますね。
これがFTP相当になるのではないでしょうか?

さて本題です。
少し長くなります。

偶然ですが、私も全く同じこと考えていました。
今思い始めたのではなく、去年あたりからずっと思っていました。

そして、昨日のライドで自分の気持ちがはっきりしたと言うか・・・。

自分も初めは「迷惑ななる」ということばかり考えて、強い方々と練習できずにいました。
でも、「強くなりたい」と思い、一緒に練習させて頂くようになりました。

強い人と練習して強くなってきたのは事実です。
また強い人から多くのことを学びました。

でも今でも「迷惑がかかる」という気持ちは常にあります。

昨日のライドがそうでした。
全く練習にならず千切れてしまい、迷惑をかけてしまいました。
そして、「やっぱり一人で練習するしかないのかな」と思いました。
幸いパワトレなら一人でもできるし。
でも、本当の追い込みは強い人と練習しないとできないことも知っています。

人それぞれに得手不得手があります。
またコースや脚質によっても違ってきます。

短距離短時間の練習なら今までどおりでもいいでしょうが、ロングや山トレに行く場合、リーダーとなる方は、もっと周りを見てあげる必要性を感じます。
私にその能力があればそうしたいですが、逆に「見てもらう」ことが多いので・・・。

テーマを決めて練習する・・・賛成です。
L4で上りきったらまた上り返す・・・賛成です。
私の場合は上りきって終わると思いますが。(笑)

なかなか難しいですね・・・。
私でよければいくらでも協力します。
  1. 2013/04/29(月) 23:11:27 |
  2. URL |
  3. TREK #IpsFpWPo
  4. [ 編集 ]

    i agree

    je pensais la même
  1. 2013/04/30(火) 08:40:17 |
  2. URL |
  3. #g9qJNDQ.
  4. [ 編集 ]

Re: 全く同じです

> レースお疲れ様でした。
> 平均ワット、かなり出てますね。

ありがとうございます。
久しぶりに死ぬかと思うくらいきつかったです。

> でも今でも「迷惑がかかる」という気持ちは常にあります。

やっぱり「迷惑になる」って思ったり思わせたりする練習が良くないのだと思います。
コンディションやレベルが一定ではないのが普通なので、
走る側が練習内容に合わせることも重要だとは思うのですが、
特にロングライドなど難易度が高い距離になればなるほど走る側に練習内容を合わせる必要があると思います。
誰に合わせるかというと、もちろんその日一番調子が良くて速い選手であって良いはずがありません。

特に長距離の場合、
皆が思い思いにペースを上げたりすることはコンディションの悪い人、
これから速くなっていきたいと思って練習に取り組もうとしている人にとっては恐怖でしかありません。
やはりどこまで続くのかもわからないハイペースって恐怖だと思います。
そして結局それがトラウマのようになって参加し辛い・・・という流れになります。
これは僕自身そういうことをしたことがあるので大いに反省するところです。

ただ、ペースを上げたいという気持ちもわからなくはありません。
だからペースを上げてもいい区間とかを決めてあげればいいんだと思います。
20~30分くらいの距離とか・・・場所によって異なると思いますが。
そこでウズウズしていた人はアタックでも何でもすればいいですし、
距離的にも限定的なのでついて行く側もいつ終わるかわからない恐怖感は少なくてすみます。
最悪、ついて行けなかったとしても区間の終わりで待っていれば合流出来るので無理する必要もありません。

ロングライドでは集団で走りつつも、区間によっては合流地点を決めて、
目的別の小集団に分離させて走るのがいいのではないでしょうか?
平坦だと20~30分の距離だとタイム差も数分程度だと思うので変に長く待つこともないでしょう。


> テーマを決めて練習する・・・賛成です。
> L4で上りきったらまた上り返す・・・賛成です。

他にも上りだと30秒毎に申告タイムが遅い方から1人ずつスタートして、
目の前に走っている人を目標にしつつも自分のペースを保つようなペーシングの練習も考えられると思います。

要はホントにちょっとしたやり方と気配りで大きく変わると思うんです。
ただ僕の練習会というわけではないので賛同が得られないと難しいですね。

でもTREKさんと2人からでもそういった内容で始められて、
徐々にそうなっていければいいなと思います。
今年の山トレからでも始めてみましょう。

「ノースヴィレッジでピザ食べたいだけの人でも気軽に参加していいよ!こっちで上手く調整するから!!」
くらいの感じで・・・
  1. 2013/04/30(火) 14:12:09 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

Re:     i agree

Kさん、merci !!
  1. 2013/04/30(火) 14:27:14 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

一斉スタートからのゴールで引き返しアリも合理的ですが,毎週似たようなコースを使うこともあって,山区間をWatt/kgが高い人を後追いさせるのは面白いとおもいます.
オールスター感謝祭におけるマラソンで絶妙なハンデを設定する上岡龍太郎みたいな感じ(わかりにくい)で,「先週は1分後ろのキングに追いつかれたけど,今週は同じハンデでより遠くまで逃げられたよ」とかモチベーションになりそうではないですか?
  1. 2013/05/01(水) 08:13:11 |
  2. URL |
  3. knakmt #6moyDOY6
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

オールスター感謝祭制も面白いね!
何回かやっているうちに絶妙なハンデ具合とかもわかるだろうし…

軍馬平、制限時間30分で獲得標高どれだけ稼げるかゲームとか。
これはガーミンのサイコンとかじゃないと難しいか…

いろんなゲーム性を含ませてあげることで楽しくなるかも♪
  1. 2013/05/01(水) 11:02:18 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/522-bfc748fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。