北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

機材トラブル

夕方から2時間ほど走ろうと出発。
相変わらずのリハビリ走行でのんびりとした走り出し。
目的地はとりあえず津軽ダム。
湯口~ダムを往復して練習しようと・・・


走っていて何やらペダリングがおかしい。
何となくどこかから異音がする気がする。
チェーンの動きも少し変。ディレイラーか??
でもどこがおかしいのかわからずに走りダムの上りまで来る。


その時ふと足下に目をやると・・・チェーンリングがぐらついている。
あっと思いクランクを調べると・・・グラついている。
フィキシングボルトの締め付けが甘すぎたようだ。
いまいち3D+クランクの構造を理解していなかった(笑)


ROTOR Powerの3D+クランクはドライブ側でクランクを固定する。
それもシマノのクランクのようにフィキシングボルトで固定してから5mmのボルトで固定するのではなく、
フィキシングボルトのみでクランクを固定する構造になっている。
なのでこれが緩んでいるとクランクが即グラついてくるというわけだ。
昔、ボントレガーのクランクで同じ事が起こり、
10km以上離れた場所でクランクがすっぽ抜けた上にフィキシングボルト紛失。
ずれるクランクを何度も直しながら片脚ペダルで帰ったことがあった。


今回はクランクこそ外れなかったものの練習中止。
そのままホームセンターのあるロックタウンまで戻り、工具を買ってようやく仮修正。
家まで帰る途中でプチ軍曹を捕捉して追走なんかしながら帰宅。


家でクランクを調整。
規定トルクで締め付けるとBBの回転が悪くなりすぎだったので少し緩めていたのだが、それがまずかった。
今回も強く締め付けると渋い。
そこでBBとクランクの間に挟んでいる0.5mmのスペーサーを左右両方抜いてみる。
前回はこれを抜いたら締め付けてもクランクが左右に少し遊んでしまっていたのだが、
今日はガッツリ締め上げたら何ともなかった。
うむ、よくわからんな・・・ま、結果オーライ。


明日もう一度テストだ。


話変わって私のTREKのアルミ。
訳あってアメリカからの留学生にレンタルすることになった。
それに伴い軽く整備してペダルはフラットペダルがないのでママチャリのやつを外して付ける。
アメリカ生まれのあいつもアメリカ人に使ってもらえたら本望だろう。






実走のデータ

Time・・・・・1:45
Distance・・・45.75km
TSS ・・・・・57.6
Kilojoule ・・714kj
IF・・・・・・0.58

AvePw:127W NormPw:159W MaxPw:887W
AveHR:133bpm
AveSpd:26.1kph
AveCad:70
Elevation:289m







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/08/20(火) 23:05:46|
  2. 実走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<L3インターバル | ホーム | 補強作業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/577-69817849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。