北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィッティング

仕事の会合で横浜に行ってきた。
そして夜は久しぶりに高校時代の友人と飲む。
何とも楽しい時間だった。


翌日は自転車のフィッティングをしてもらいに都内へ・・・
昨夜飲み過ぎたようで寝起きはしんどい。
フィッティングはこの出張が決まった時に予約を入れていた。
いろんなフィッティングの理論があるが、
伝え聞いた中で最もしっくりと来るし腑に落ちる内容だったのが今回受けに行ったフィッティング。
東京方面に来ることがほとんどないので是非とも受けたかった。


多くのフィッティングは関節の角度とか柔軟性とかを見て、
その人が乗りやすく力の出しやすいポジションを設定するというものだと思う。
しかし、それだけでは動作の主体である乗り手の意識自体はなんら変わらないため、
乗り手が間違った身体の使い方をしていると結局最適化したポジションの中で間違った動きを続けてしまう。
極端な話、大腿四頭筋を酷使して踏んづけるペダリングしか出来ないとフィッティングをしてポジションを出したところで結局また踏んづけるし、
変な踏み方をしていると変なペダリングをしたままになっている・・・ということ。


今回のフィッティングは、例えば膝の痛みとかぎこちないペダリングだとか問題がある部分に対して、
何故そのような問題が起きるのか?根本的な原因がどこにあるのか??
ということを各動作に必要な筋肉とそれがどのように機能して一つのペダリングの動作に繋がっているのかを認識するところから始まった。
無負荷の固定ローラーでペダリングをしておかしな動きを指摘してもらった。
無負荷のペダリングを踏みつけずにきれいに回すというのは難しい。
自分が上手く使えていなかったり筋力が足りていない部分が浮き彫りになる。


そしてその後、浮き彫りになった弱点を強化するためのコアトレをいくつか行う。
普段、自宅でもコアトレをやっているが、
自分でしっかりやっているつもりでも傍で見てもらうと、
正確な動きになっていなかったりコントロールが悪かったりと・・・
やはりしっかりした指導者についてやることが大切と再確認。
教わった通りにやると普段よりもきつい。
出来ないのに難しいエクササイズをやったり、きつくなったりすると、
往々にして本来焦点を当てたい筋肉ではない筋肉を使ってどうにかしようとしてしまうものらしい。
とにかく背伸びするのではなく、現時点でしっかり出来る負荷で性格に・・・


やっていると右はスムーズだけど左が・・・とか、
右が出来るのに左が出来ない・・・などいろいろと気付く。
弱い方の秒数を伸ばしたり回数を増やしたりして調節するといいとのこと。
結局10数種類のエクササイズを行った。
この内容もその人によって変わってくるとのこと。
人によって強い部分弱い部分が異なるので、
私に現時点で必要な内容を盛り込んだエクササイズを他の人がやっても仕方がないようだ。


今の私の弱点は腸腰筋と中臀筋の弱さ。
腸腰筋が弱いので脚をしっかり持ち上げられていないし、
中臀筋が弱いので膝の軌道を真っ直ぐに保てていないらしい。
それ以外にもいろいろあるが・・・


一通りエクササイズを行って自転車に乗る。
そこで再びペダリングをして意識するポイントを教わる。
とにかく膝を真っ直ぐに持ち上げて真っ直ぐに下ろす。
今の状態のペダリングからすると少しがに股気味に感じるくらいでちょうどいいようだ。


ここでようやくポジションを見ていく。
まずはサドル位置、そしてサドル高、さらにハンドルの高さや距離。
サドル位置とサドル高は今の状態で良かった。
ハンドルの高さはもう少し高めがいい。
手を使わないで上体を体幹で支えられる最大値がハンドルの高さ。
そして体幹をしっかり使うフォームをとるとステムはもう10mm長くてもいいようだ。
今使っているのが3Tの6度110mmなので6度120mmになる。


それとクリートの位置は現状でいいがローテーションが少しヒールインになるように動かす。
本当に少しだけ。
これも改善していくことによって今後変わってくる可能性がある。


ポジション出しということに関しては、
ハンドルを少し上げてステムを10mm伸ばすのとクリートを少しヒールインにする以外はいじる所は無かった。


今回のフィッティングの主な内容はフィッターさんのHP上にもあるように、
直接的にあれこれと計測してポジションを出していくのではなく、
何故そのようなポジションにするのか?
身体をどう使うべきか??
そのためには自分の身体のどこを改善すべきか???
という知識を身につけることにある。


様々なエクササイズを行っていくと1ヶ月後には今と身体の様子も変わってくる。
下手をすると今と違うおかしな方に身体が歪んでいる可能性もある。
その時に専門家に計測してもらってポジションを出してもらっただけでは対応出来ない。
どの様にポジションやエクササイズを変えていけばいいのかわからなくなる。
そうならないための基礎知識を教えてくれるのがこのフィッティングになる。


あれ?これ最初に書いたっけ??
長いので2日に分けて書いていたらめちゃくちゃになってきた。
酒飲んでるのが悪いのか・・・


それともう一つの目玉はインソール作成。
Solestarというカーボンインソールを作ってもらいたかった。
事前の話では、人によっては逆に痛みを生じさせる結果にもなりうるので、
当日実際に動きを見てダメならお断りすることもあり得るということだった。


当日、ローラー台での動きやコアトレの動きを一通り見てもらって出た答えは・・・
もしかしたら少し使用するのは早いかな〜と・・・
でも2週間で改善することも十分できるとも。
ということで多少お願いをしてどうにか作っていただくことに。
これは2週間ほどで届く予定らしい。楽しみだ。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/13(金) 04:33:23|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<下北半島ロングライド2013 | ホーム | 6分走>>

コメント

プロの目

なんでもそうなのでしょうが、第三者に客観的に診てもらうのは、非常に重要なんでしょうね。
特にその道にプロに診てもらうのが。

残された時間が少ない自分にとって、個人でやって行くのには限界を感じています。

やるしかないんですが・・・。

ご報告有難うございました。
むさぼるように読まさせて頂きました。
  1. 2013/09/14(土) 08:50:42 |
  2. URL |
  3. TREK #IpsFpWPo
  4. [ 編集 ]

Re: プロの目

TREKさん、こんばんは。

> なんでもそうなのでしょうが、第三者に客観的に診てもらうのは、非常に重要なんでしょうね。
> 特にその道にプロに診てもらうのが。

今までとは全く違う視点を与えてもらった気分です。
自分で試行錯誤するのも重要ですが、プロに指導してもらうのも重要なんですね。

これからのオフシーズンは身体作りに励みたいと思います。
  1. 2013/09/14(土) 19:11:35 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/596-4825ec08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。