北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FTP計測 (2014/01/07)

前回のFTP計測は2012年4月8日だったという驚愕の事実。
およそ1年9ヶ月ぶりに計測する。
きついから嫌い・・・


今日のFTP計測での最重要事項は身体の使い方を意識すること。
大臀筋、腸骨筋を使ってペダリングするよう心掛ける。


手順はいつものバイブルの通り。



__________


FTP計測:20分、247W、181bpm、87rpm


247W × 0.95で約234W


出だしが強すぎて若干失敗気味。
後半少しフォームが乱れてしまった。


ペダリングの意識としては良かったように思う。
昨日、サドルを少し上げたのが良かったようで大臀筋がしっかり疲労している。
これまではサドルが低すぎることで大臀筋が伸びすぎて収縮時のパワーを生みにくかったのか??
適切な可動範囲から外れていたのかもしれない。
膝が前に出ないようにスクワットをすると、ある角度を超えると大臀筋の力が抜けてしまう。
その角度を考えてサドル高を設定してあげるのがいいのかもしれない。
サドルのセットバック量を大きくとるとケツが使える的な文章を以前雑誌で見た気がするが、
それは低いサドル高のままで関節の可動域を取ろうとしているのではないかと推測。
あくまでも勝手な推測で何の確証も無いが・・・


それと腸骨筋付近がピキピキするくらい疲労。
これは今までに無い疲労感だ。


前回の計測時のブログを見ると終盤脚パンになっていたようだ。
このときは全開で大腿四頭筋メインの踏みまくりペダリングで276W
今日の数値よりも30Wも高い数値が出ている。
コンディションやら時期が違うので一概に比較は出来ないが・・・


今日の計測では心肺機能的な限界点を感じたが脚パンという感じではなかった。
この体幹で回すペダリングを高めていって必要に応じて四頭筋ロケットを発射・・・
という走りに持っていければ大分良い感じになる気がする。
必要に応じた筋肉の使い分けだ!!


しかし久しぶりの計測はきつかった。
何よりも20分も高い負荷に耐えられる状態じゃなかったようだ。
終わってから立ち眩みや吐き気の酷いこと酷いこと・・・


夕食後にコアトレを少し。
筋肉が高負荷で疲労していたので意識しやすかった。
明日から今日計測したFTPで積み上げていこう。





FTP:234W

L1:  ~128W( ~ 55%)
L2:129~175W( 56~ 75%)
L3:176~210W( 76~ 90%)
L4:211~245W( 91~105%)
L5:246~280W(106~120%)
L6:281~351W(121~150%)
L7:N/A

Sub-LT:205~215W(88~92%)







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/01/07(火) 23:03:05|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<L3でこつこつ | ホーム | 本格的に・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/658-d4eb3d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。