北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

45min Of Power

今日は朝から身体が重かった。
疲れているのだろうか??


今日のトレーニングメニューは45min Of Power。
FTPの85〜90%をベースに3分おきに25秒のもがきを入れる、Hour Of Powerの45分バージョン。
私の場合だと、205〜217Wをベースに、280Wくらいでもがという感じになる。
正直、嫌いなメニュー。何故ならばきついから。
それに今日の感じだと無理だろうなと思った。
が、一応固定ローラーをセットしてみた。
こういう短時間でガッと出力が上がるような内容にArion Digitalは向かない。
ある程度、一定の負荷を与え続けるのであれば良いのだけれど。


ま、身体が重い時に無理すると変な動きを覚えても嫌だし・・・と思いつつ回し始める。
前日のローラー台から、右が大腿直筋がすごく疲労する感覚があった。
ローラー台後にストレッチがてらマットワークをしてみても、右だけ腸骨筋ではなく大腿直筋が優位になっている感じがする。
なので、まずは負荷装置無しでゆっくり脚を回して使いたい筋肉をフォーカスする。
じっくりと自分の脚の重さを腸骨筋で持ち上げていくイメージ。

20150205012038a52.jpg

頭の中で、股関節を伸展する時にこの筋肉が伸びて、屈曲する時に縮むというのをイメージしながらやっている。
時に手で触れて、筋肉が動いているのを感じたりしながら。


10分ほど無負荷で回して、少しで良い手応えを感じる。
そこでようやく負荷装置を付けて回す。
ひたすら目の前の鏡の映像と、イメージしている筋肉の伸び縮みに集中。
途中で1分だけちょっと出力を上げてみて、それでもイメージ通りなのを確認。
で、また負荷を低くしてクルクル。
かれこれ35分くらいそんな作業を続けていたら、ふと無理なく動くポイントというか、自然にスッと動くポイントが見つかった。気がした。


この感じなら行けるかも・・・ということで、本来のメニュー開始。


__________

45min Of Power:227W、167bpm、89rpm


とりあえず20分だけでも・・・と始めたのが30分になり、ならいっそということで45分になった。
前半は割と良いイメージで進行。
後半になるに連れてきつくなり、雑になってくる。
最後の方とかはダメだったな。
それでも前日に比べると右の動きもマシだったように思う。


相変わらずこのめにゅーはきつかったな。
言ってみれば、SST → もがき → SST → もがき・・・を延々繰り返すのだから生殺し感が凄い。
この生殺し状態で如何に回復出来るかが肝だな。
それと精神力も鍛えられたような気がする。


明日も頑張ってやっていこう。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/05(木) 01:16:17|
  2. ローラー台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スイム、8回目 | ホーム | 調子悪い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/834-b5cec137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。