北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浅虫温泉ほたるCUP

浅虫温泉ほたるCUPに参戦してきた。
自分のブログを見返してみたところ、何と2013年の岩木山HC以来のレースとなるようだ。
これほど長い期間レースから遠ざかっていたんだな。
前日はフレームを磨きながらちょっとしんみりしていた。
それとともに、またレースに戻ってきたんだという緊張とワクワク感。
何とも言えない複雑な思いがある。


今回のレースは以前、あおもりCUPとしてレースが行われていたコース。
たぶんエントリー数自体そんなに無いだろうな・・・と思っていたらやっぱり少ない。
私がエントリーしているクラスで18人とか(笑)


朝イチで会場入り。既にチームの方々が数名。
挨拶をして準備を始める。
軽く1周走ってコースを確認。
以前のあおもりCUPとは違い、スタート&ゴールが大会本部のある道幅の狭い方に設定されている。
狭い方でスプリントになったら危なそうだな~。


それからストレッチや筋膜リリースなどして過ごす。
アップする時間はあまりなかったがまぁいいだろう。


9時になりレーススタート。
序盤は大人しくヒラヒラしておこう。
何せ1周2.1km×30周もある。
ホームストレートはゆる上り。バックストレートの直線はゆる下りだ。
コーナーに小さな段差があるところが2箇所。
下手に突っ込んだらパンクする可能性有り。


ゆる下りで加速してコーナーを曲がり、ホームストレート側に曲がるところで減速。
そしてジワッと上りで再加速して集団が伸びて、ゴール地点付近で落ち着いて団子になるというのが数回続いた。
そんな展開で3周目が終わったところで事件が起きた。
私の目の前で3台が絡み合う落車が発生。
私はすぐ真後ろを走っていたのだが、3選手がガガッと右に寄っていってガードレールにぶつかり大破するのが見えた。
黒い何かの破片がいくつも飛んで来た。
私はコースの左から上手く抜けることが出来たが、何人かの選手が巻き込まれている様子。
瞬間的なことで、怪我の様子などもよくわからない。
集団も進み続けているのでそのまま走るしかない。


1周回って来ると、チームのT橋先生が倒れている。
それともう1人血まみれの選手が見える。
どうすればいいのかわからないまま、9周目の最後でレース中断となる。


30分ほど中断しただろうか?
もう中止になるかもしれないと思っていたし、もう再開する気がない選手もいた。
予報より早く雨も降り始めた。
状況としては決して良くなかったが、レースは再開。
再開したのは10名ほどだったか??
チームのKuniさんは下りた。


そこからは雨の中のレース。
落車のこともあるのでいつも以上に気を張って走った。


集団の状況としてはフッジティーボさんが3名、Sasasouさんも2名。
後は私を含め単独の選手か。
集団をコントロールするのはフッジティーボさん。
3人走っていることもあってここはお任せすることに。


それにしても先頭を牽いているフッジティーボの選手が強いな。
良いペースで淡々と牽いている。
その後ろに同じくフッジティーボの小柄な若い選手がずっとついている。
彼をアシストする走りなのだろうか??


私も時折ローテに加わる。
私なりにコーナーの入り口で落として、出口で加速するような走りで後ろに負荷を掛けるよう動いたつもりなのだが、あれは勢いがなさ過ぎたのか??
あまり有効な感じもしなかったな。
むしろ自分が疲れている・・・


何週目かで集団の後ろの方にいた時、少し年配の選手が遅れかけている。
集団内でも挙動が少し怪しい方だったので、申し訳ないが集団との距離を少しとって一気に詰める動きで切った。
狙い通りもう戻ってくることはなかった。
これでまた少し疲れたのだが・・・


ラスト何周だろう??
HOSEIの選手が下り基調のバックストレートでアタック。
これにコルノのDさんも追従していった。
2人で集団の10秒ほど先を逃げる展開に。
このレース、序盤からDさんが結構動いている。
2人が行った他は続く選手がいなかったので静観。
フッジティーボさん、Sasasouさんもいるので回せば追いつけると踏んで、しばらく疲れてもらうことにする。


何周回かしたところで2人をキャッチ。
キャッチされたが、逃げようという動きが素晴らしいと思う。
私はどうもびびってしまい動かないところがある。


それからしばらくして、上り基調のホームストレート側でSasasouの選手が飛び出す。
単騎での飛び出しだったので動かず。
先頭を牽きつつしばらく走る。
もう2、3人行ってくれたら・・・と思うのは皆か・・・
誰も動かなかったのでSasasouの選手も集団に戻ってきた。


残り2周。
バックストレート側に入ったところで、先程のSasasouの選手が再度アタック。
その時、私の背中をポンポンと叩き、「行くぞ!!」の合図。
ここで私も追従する。
こいつは上手く利用出来ると思われたか、そこそこ走れると思われたかはわからないが、逃げに誘われるってのは悪くない。
その動きに反応したのは、青森方面隊のN岡選手とフッジティーボさんアシストし続けていた小柄な選手。


何とかSasasouさんに追いつくも、少し一緒に走ってホームストレート側で少し遅れる。
いろいろとやっていたツケが回ってきた。
それに何だかバイクも走らない。
N岡選手が追いかけ、それに私が続く。
先頭は少し離れてSasasouの選手。


非常にまずい。
何としてもつかなければ行けないのに、心と身体の限界が来ている。
バックストレートで前のN岡選手と少しだけ詰まったような気がしたが、それ以上詰められない。
後ろを見ると少し遅れてフッジティーボの選手も来ている。


最終コーナーを回りゴールまでの直線。
N岡選手がSasasouの選手に追いついていっているのが見える。
ゴールまで2人とももがき倒して、後ろから見るとほぼ同着。
私は完全に切れてしまったので、後ろのフッジティーボの選手に追いつかれないくらいのペースを保ってゴール。
グズグズに千切れ果てての3位となった。
復帰第1戦目としては上出来なのだろうか??
今回はSasasouの選手、N岡選手、それとフッジティーボでアシストを続けていた選手が強かったと思う。
悔しさが残る終わる方だったな。


続く40周クラスタはエントリー6名・・・
いろいろ展開があったが、リム打ちか何かのパンクリタイアが1名。
吉田産業の選手が1名脚攣りでリタイア。


残る4名の戦い。
終盤でジフニータの選手が遅れ、その後大館が誇る超人も遅れ・・・
優勝争いはフッジティーボの選手と吉田産業の選手。
最後は吉田産業の選手が巧みだった。
上手く引き離して先行したままスプリントで勝利。


午後の10周クラスタは・・・
最終周にコーナーをインから抜きに行って、前走者のラインを潰してしまい落車発生という幕切れ。
他選手のラインを潰しながらのコーナリングはあまり感心しないな・・・


と、まぁ2件の落車を含んだ今回の大会。
個人的な感覚としては、落車はレース中に生じる歪みとタイミングから引き起こされると思っている。
あくまで感覚的な話なのであれなのだが・・・
複数名の選手が同時に同じコースをレースとして走っていると、各選手が大なり小なり全体の流れに歪みのようなものを生じさせている。
ボトルを取ろうと下に手を伸ばした瞬間だったり、周りの選手を確認しようと脇を見た瞬間だったり。
自分としてはまっすぐ走っているようで、全体の流れとしては少しばかり斜めになっていたり。
これは明らかにおかしい動きをしたものから、本人も気付かずにやっていることまで全てだ。
その歪みがいろいろなタイミングと重なり合ってエネルギーが大きくなった場所で落車は生じると思う。
自分が落車していなくても、自分の僅かな動きが影響し合って、末端で落車に発展していることもある。
まさにバタフライエフェクト的なものだと思う。


そんな中で、走りながら出来ることは、あの空間は歪みが大きそうだな・・・という空間に入り込まないことだと思う。
もちろん不可抗力的なものもあるかとは思うが、まずはおかしな空間に飛び込まない、不用意に車輪を重ねない、危ない空間が出来つつあったら一声掛けて存在をアピールする。
これが重要だと思う。
コースが危険なのではなく、走ってる側がそのコースを危険にしている側面もあるだろう。


レースに出ている限り、落車は明日は我が身。
非常に気が引き締まる思いもしたし、気を引き締めないといけないと思う今回のレースだった。


何はともあれ、巻き込まれたT橋先生をはじめ、落車された選手の皆さんには、同じレースを走っていた者として心よりお見舞い申し上げますと共に、1日も早い回復、復帰を願っています。
またレース会場にて相見えることを祈念して・・・






実走のデータ


Time・・・・・1:47
Distance・・・64.85km
TSS ・・・・・112.4
Kilojoule ・・・1210kj
IF・・・・・・0.79

AvePw:188W NormPw:212W MaxPw:⁇W
AveHR:162bpm
AveSpd:36.2kph
AveCad:94
Elevation:487m


レース以外の諸々も含まれているので、レース自体のデータとしては若干不正確。
それにしても出力とか低いな。
身体が動かなかったのは感じていたが、そんなもんか??






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/14(日) 22:41:36|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<レース終えて | ホーム | 西目屋まで>>

コメント

県病に駆けつけてくれて、ありがとうございました。
必ず復活します!
  1. 2015/06/17(水) 06:57:05 |
  2. URL |
  3. T橋 #olyRNeTs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

T橋さん、こんにちは。
その後、身体の調子はいかがでしょうか??
1日も早い復帰をお待ちしています!
  1. 2015/06/21(日) 16:46:30 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/887-c076c169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。