北の自転車乗り

北国の自転車乗りのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きたかみ夏油高原HC 2015

飲み会後21時頃に就寝。
1時前に目が覚める。
そこからなんとなく眠れず・・・
これまでの感じからしてヒルクライムでは勝算が無いので、ニセコに向けて楽しみつつ負荷を掛けていこうと考えていた。
それから3時半頃にシャワーを浴びて、4時には出発。
途中のローソンで食料を買おうと思ったが物が無い。
仕方ないのでパン1つとバナナ1本、ウィダーイン2つ購入。
それとコーヒーを1杯。
今回、レース前にお湯を沸かしてコーヒーを淹れて・・・ってするつもりで、コーヒーキットを一式持って来たのだが、何と肝心の豆を忘れるという大失態。


駐車場に入ると既にキングと部長の姿があった。
車を停めて挨拶して、まだまだ時間があるのでいろいろ雑談。
朝イチは少し肌寒かった。


5時半頃から身体の準備を始める。
キングの車と私の車の間の狭いスペースにヨガマットを敷いて、足部からじっくり筋膜リリース。
とにかく時間を掛けてじっくりと・・・
トータルで40分ちょっとくらいやっていただろうか??
身体が大分軽くなったところで実走でアップ。
といってもダンシングなどしながら、ペダルに体重を乗せる練習を15分くらいやっただけ。
筋膜リリースのお陰か動きが良く感じる。


7時前にスタート地点に行き、Dさんと少し話す。
その時にDさんを介してSHOWAチームのK選手とお話。パイオニアのPMが羨ましい。


プログラムでは、エキスパートがスタートしてからA〜Dがスタートとなっているが、全部同時スタートなのだろうか??
だとしたら、それなりにレベル差がある人もいるはずなので、スタート直後の上りが詰まりそう・・・
なんて会話をしていたら、スタート直後にやっぱりそんな感じに。
スタートの号砲がなって先頭が動き出してから、私の付近が動くまで10秒ちょっと掛かっている。
この間に先頭集団が行ってしまうと上手くないので、間を縫って位置を上げる。
坂を上り切った辺りで前方3分の1程度。
走っていると少し間が空いてきたりするので、中切れされる前にどんどん上がる。


今回の平坦区間はそれほどペースが上がらない様子。
時折、高校生がアタック気味にペースを上げる際に集団が伸びるが、再び沈静化して縮まる・・・というのが数回繰り返された。
何となく危険な気がしたので前方にさらに上がる。
するとやはり後方で落車する音が聞こえた。
音からして規模は大きく内容に感じたがどうだったんだろう??
先頭を見るとT藤君が牽いている。
私は無理しないように走る。
短い上りが始まる辺りで後方に下がって行く選手も出てきた。
下がってくる選手と接触しないように、近づいた時は背中にタッチして存在をアピール。
少しずつ人数が減っていっている。


前回出た時は、最初のトンネルまでの上りで千切れた。
今回は、最低限トンネルまでは先頭集団に留まりたいと思っていた。
トンネルまで行けると、そこから少しある下り〜平坦区間でもタイムを稼げる。
何としてもトンネルまでは・・・


瀬見温泉前を通過していよいよトンネルまでの上り。
上り口で地元の人の太鼓に鼓舞される。
ググッと勾配がきつくなってくる。
昨日のTTでのガチガチ感を反省して、今日は徹底して脱力を意識、
力を抜いて力を出す。
一見矛盾した表現だが、不要な力は入れず全体を上手く使って回すイメージ。


今日は良く上れているし、身体が良く動いている。
わりとあっさりトンネルまで来てしまった。
とりあえず目標達成だ。
周りを見てると大分集団が絞られた感じ。


周りに同じクラスの選手が何人いるか確認。
SHOWAのK選手、赤黒のジャージの選手、そして私・・・の3人か??
前方に高校生の選手や、Cクラスの選手は見えるが、同じDクラスの選手はいない・・・ように見えた。


ここからは赤黒ジャージの選手、K選手、私の争いが始まった。
平坦を抜けて2つ目の登りに入って少しして、私が3〜4m遅れ始めた。
あ〜これまでか・・・トンネル越えれて良かったな〜という気持ちがよぎる。
このまま誰にも抜かれなかったら3位かな〜と・・・
いやいやここで諦めたら後悔する・・・と思い留まり差を詰める。
残り5kmを切っている。


途中の補給区間、前の高校生達は補給のドリンクを受け取っている。
私はスルー。
この辺りから前方の別クラスの選手達が離れていく。
その集団にはT藤君もしっかり残っている。
ここまでT藤君の背中見えてるのは奇跡だなと思った。


右折してゲレンデ入り口までの上りも相変わらず三つ巴、それとBクラス?の選手が1名。
一瞬たりとも気が抜けない。
この区間も何度も投げ出し掛けた。
もう良いじゃないか・・・上出来だ・・・
そんな誘惑が何度も押し寄せてくる。
反面、絶対に離れないぞ・・・という気持ちも。


ゲレンデに向かって左折すれば勾配が緩む。
そうすれば私にも可能性が巡ってくる。
それまでは離れるわけにはいかない。


いよいよゲレンデに向かって左折。
ギアをアウターに入れる。
緩い勾配で速度が上がり始める。
ここで赤黒ジャージの選手が少し下がった。


残るはBクラスの選手、K選手、私。
K選手から遅れないよう最後の力を振り絞る。
緩い右コーナーを越えて、いよいよラスト200mほど。
全員の腰が上がる。
スタンディングで踏み出そうとした瞬間・・・
脚がカクッとなった。
ここまでの上りで、私には力が残っていなかった。
一度座って、腰を上げ直すも、Bクラスの選手K選手が離れていく。
そのまま3番手でゴール。


スタッフの方に計測チップを外してもらい、K選手と握手。
そして赤黒ジャージの選手とも・・・
長くレースを離れていた私にとって、久しぶりに最後まで気力を振り絞った戦いとなった。


K選手と「前に同じクラスの選手いました?」と・・・
「たぶん誰も逃がしてないと思う」と・・・
となると、もしかしたら2位か??
ヒルクライムでまさかの!
確認が出来ていないのでぬか喜びも出来ないが、もしかしたら入賞したかも・・・と思い始めた。


ゲレンデの駐車場から今上って来た景色を見渡す。
2年振りのヒルクライムを走り切った。
全力で。
2年遠ざかっているうちにコンディションも落ち、体重も増えた。
そんな中、練習をして少しばかり体重を落として走り切って、表彰台を・・・
少し目頭が熱くなるものがあった。
ようやくここに帰って来たんだと・・・


駐車場では下山までいろいろな話をした。
話し込んで下山は最終グループ。
景色を楽しみながら下った。
途中の上りとかは少し負荷をいれつつ・・・


沿道には応援して下さった地元の方々の姿。
最終グループの下山までま結構時間があっただろうに、それでも旗や手を振ってくれるってのは本当に温かく、本当にありがたい。
この瞬間だけでも、また来たいと思うのには十分すぎる。


下山し終わり、自転車を車に積み込んで昼食&表彰式。
表彰式前には地元の伝統芸能、鬼剣舞の披露も。
こういう伝統的に継承されてきているものってイイね。
前から見てみたいと思っていたので、個人的には嬉しかった。


さて、表彰式・・・
私のDクラスは・・・
3位私、2位K選手、1位アグーの選手だった。
認識出来ていなかったが、前に1名逃がしていたようだ。
遠くから番号だけで認識するのは難しいな。
私はどちらにしても戦いに負けてのリザルトだが、K選手は悔しかっただろうな・・・
そして、改めて三つ巴に留まりさえすれば良いと思わなくて良かったと・・・


他にもT藤君がクラス優勝、部長がクラス3位、めかぶさんもクラス3位。
青森方面からもF本さん3位、K藤さん2位という素晴らしい結果。


表彰式後は温泉へ・・・
温泉では偶々SHOWAの皆さんと一緒になる。
風呂に浸かりながら幻の優勝争いの話に花を咲かせる。
それとともに最後までデットヒートを繰り広げた熱いレースの話。
ありがとうございました!


レースって頑張ってると、同じく頑張っている人達と繋がっていくものなんだなと再認識。
その繋がりがまた自分を強くしてくれるんだろう。


さて次の日曜日はニセコだ・・・ニセコ。






レースのデータ


Time・・・・・0:39:03
Distance・・・18.00km
TSS ・・・・・71.0
Kilojoule ・・・606kj
IF・・・・・・1.05

AvePw:261W NormPw:280W MaxPw:⁇W
AveHR:171bpm
AveSpd:27.7kph
AveCad:87
Elevation:575m







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/07(火) 01:22:50|
  2. レース・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<周回朝練 | ホーム | きたかみ夏油高原TT 2015>>

コメント

おめでとうございます*\(^o^)/*

次のニセコもこの調子で!
  1. 2015/07/07(火) 06:31:38 |
  2. URL |
  3. T橋 #olyRNeTs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

T橋さん、ありがとうございます!
T橋さんがおられたら、きっと表彰台に上がったことと思います!

ニセコはもの凄くレベルが高そうなので、その中で何ができるか挑戦してきたいと思います!
  1. 2015/07/08(水) 09:40:26 |
  2. URL |
  3. Ciclista1200 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ciclista1200.blog28.fc2.com/tb.php/892-5b73bff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ciclista1200

Author:Ciclista1200
北国の自転車乗りによる主に自転車関係のブログです。

最新記事

最新コメント

カウンター

カテゴリ

自転車 (107)
レース・イベント (36)
機材 (34)
徒然 (37)
自転車トレーニング (695)
実走 (374)
ローラー台 (256)
備忘録 (5)
記録集 (1)
月次レポート (52)
年次レポート (4)
その他 (3)
その他のトレーニング (79)
筋トレ (66)
ラン (3)
スイム (10)
日常 (17)
スタバマグ・コレクション (5)
ワイン (23)
ボルドー (9)
ブルゴーニュ (3)
フランス(その他) (4)
イタリア (4)
スペイン (1)
オーストラリア (1)
日本 (1)
未分類 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。